側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。ネットでは「高いものは6万円もする!」という噂が流れています。これはもしかして一攫千金のチャンス? 億万長者になれるかも?ということで、ギザ10の本当の価格を調べるため、古銭などの買取を行う「バイセル」に話を伺ってきました。「ギザ10で一攫千金」の夢は早くも崩れる...今回、取材に応えてくれたのは査定員の青木夏椰斗さん。 ――バイセルでの「ギザ10」の買取平均価格は、いくらになりますでしょうか?「原価である10円に30円を足した、40円が平均と

23歳の新人バーチャルアナウンサー・相内ユウカが経済報道番組「ワールドビジネスサテライト」(毎週月~金曜 夜11時)放送後、キャスターを捕まえて、「重大ニュース」や「わかりにくかったニュース」について、ゆる~く質問攻めを繰り広げる、YouTubeオリジナルコンテンツ『相内ユウカにわからせたい!』。8月20日(火)は、「どうなる日韓関係」をテーマに、山川龍雄キャスターが相内ユウカに解説しました。元徴用工問題や慰安婦問題でこじれ続けている日韓関係。最近では日本が韓国を輸出管理で優遇するホワイト国から

ページトップへ
Twitter Facebook