側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。最近、見なくないですか?10年ほど前は1年に1度は、お釣りなどで出会えたのですが、ここ最近は4年に一度ほど。オリンピック並みに出会えていません!いったいギザ10はどこへ消えたのでしょうか?ギザ10の行方を追跡します。そもそもギザ10とは?「ギザ10」とは昭和26年(1951年)から昭和33年(1958年)にかけて製造された10円硬貨です。表面と裏面のデザインは現在製造されている10円と変わりませんが、違いは側面がギザギザしていること。▲右がギザ

8月21日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、成長を続ける大国「インド」を取り上げる。日本式コンビニチェーンのインド進出の舞台裏や、IT企業が集結する"インドのシリコンバレー"に密着し、世界も注目する発展の秘密を探る。 コンビニ不毛の地・インド初出店の舞台裏1日に約7万人が生まれ、今も人口が増え続けているインド。数年後には中国を抜き、人口世界一になると予測され、高い経済成長率も維持している。そんな巨大市場を狙って近年日本企業の進出も加速。「無印良品」が店舗を増

ページトップへ
Twitter Facebook