側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。最近、見なくないですか?10年ほど前は1年に1度は、お釣りなどで出会えたのですが、ここ最近は4年に一度ほど。オリンピック並みに出会えていません!いったいギザ10はどこへ消えたのでしょうか?ギザ10の行方を追跡します。そもそもギザ10とは?「ギザ10」とは昭和26年(1951年)から昭和33年(1958年)にかけて製造された10円硬貨です。表面と裏面のデザインは現在製造されている10円と変わりませんが、違いは側面がギザギザしていること。▲右がギザ

5月22日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、国際的なイベントを多く控える日本で問われる安全対策、中でも有事の際に鍵を握る「特殊部隊」にスポットをあてる。新設された日本の特殊部隊や、中東・ヨルダンへの取材を敢行し、世界の最新事情を伝える。 対テロ特殊部隊の極秘訓練に潜入6月には「G20大阪サミット」、秋には「ラグビーワールドカップ」、来年は、いよいよ「東京オリンピック・パラリンピック」が開催され、国際的なイベントが目白押しの日本。海外から多くの観光客や要人が来

ページトップへ
Twitter Facebook