リピーターが後をたたないという回転寿司のチェーン店、銚子丸。お年寄りから小さな子供まで、あらゆる世代に人気がある。寿司は一皿140円からで、ネタによって値段が変わる。職人が手で握る本格派だ。銚子のシンボルとも言える「イワシ」は2貫で194円。期間限定のメニューも充実、「漬け真鱈白子」は324円。分厚く切られた「中トロ」は453円。どのネタもボリュームたっぷり。ちょっとした高級感とお値打ち感が銚子丸の最大の特徴だ。回転寿司は安さを売りにする「100円回転寿司」と、ネタの良さで勝負する「グルメ回転寿

テニスの現役を退いてから、“応援”することを生きがいにしている松岡修造。 現在は2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向けて頑張る人たちを、「松岡修造の2020みんなできる宣言」と題して全国各地を駆け巡

ページトップへ
Twitter Facebook