これからの日本映画を担う白石和彌監督インタビュー。意外にも"超常識人"だと判明した前編に続く「後編」は、これまでの作品に出演した役所広司、山田孝之、松坂桃李らの役者としての魅力、これから公開の新作について、さらには家族や帽子などプライベートの話まで、いろいろ角度から白石監督の人となりに迫る!白石監督インタビュー【前編】はこちら!前編で「どうしようもないヤツを映画にしていきたい」と語ってくれた白石監督。今年公開予定の映画『凪待ち』で香取慎吾演じる主人公は、監督の作品の中でも最大級にどうしょうもない

20~30代の男性たちが子供の頃にハマった、遊戯王やデュエル・マスターズなどのカードゲーム。漫画では「世界に◯枚しかないカード」なんて設定もあったが、それが現実になっているのを知っているだろうか?今やカードゲームの世界には1枚が数百万円もの値段がつく超高額カードが登場し、それを探し求めるコレクターが実在している。さらには偽造カードを製造して売りさばくという、漫画の悪役さながらの犯罪者も出てきているとか。今回は、そんな超高額カードを集めるコレクターさんにインタビュー。謎に包まれた入手ルートから資金

ページトップへ
Twitter Facebook