3月6日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、経済成長著しい「ベトナム」を取り上げる。かつての日本の高度成長期を思わせる急速な発展の裏で、深刻な状況に陥っているベトナムの環境問題の現状をレポートする。日本の地方発の技術が汚染された海に挑むベトナム最大の都市・ホーチミンを訪れると、放置されたごみが目につく。人口が一億人に達しようとしているベトナムだが、ごみの焼却施設は10カ所しかなく、ごみの処理が全土で限界に。川に捨てられた大量のごみは下流でたまり、海へと流れ出し

広大な砂漠に現れる巨大なクレーター。 なんと現在10個ほど※註の巨大クレーターが確認されており、大きさにして直径1kmを超えるものも存在しています。※註:円形など形がキレイに残っているものについて 広大な砂漠に残る巨大なクレーター。 「隕石の跡か?」と思う人もいるかもしれませんが&

ページトップへ
Twitter Facebook