仕事でパソコンを使う人が多い現代。当然パソコンのキーボードは打ちやすく、使い勝手がいいものが理想だろう。ところが、そんな世間の常識に反するようなキーボードが開発された。

toretama_20190226_01.jpg
こちらは、おそらく世界最小のキーボードとマウス。マッチ箱よりも小さい、手のひらにおさまるサイズだ。パソコンとつなぐと電源が入り、画面が出てくる。

toretama_20190226_02.jpeg
モニターに表示されているのは、キーボードのレイアウトの一部。ボディがあまりにも小さいので、モニターで見えるのは一般的なキーボードの一部分のみだ。

toretama_20190226_03.jpeg
「もっと端の方を見たいな」というときは、後ろ側にあるジョイスティックを動かすと、画面が横にスクロールし、打ちたい文字までたどり着くことができる。

toretama_20190226_04.jpeg
早速、北村まあさキャスターが「hello」と打ってみた。どのくらいかかったかというと...なんと、45秒! 「ちょっと面倒くさいです...(笑)」と北村キャスター。開発したエンジニアの大宮秀樹さんは、同じ操作をするのに20秒。多少は早いものの、慣れてきてもそこまで大差はないようだ。
ちなみに、北村キャスターは10分くらい使っていたら操作に慣れてきたそうで、「北村まあさ」とローマ字で打てるようになったという。

こちらのキーボードは、大宮さんの自作。作ったきっかけは、「僕がグータラで、ベッドで寝っ転がりながら操作してユーチューブでも見られたらいいなと思って開発した」とのこと。

toretama_20190226_05.jpeg
実際に寝ながら操作してみた北村キャスターは、「たしかに楽ではある」と実感。大宮さんは、「こういうとがったものも面白いなと思って出したんですけどね。(このキーボードは)動かすのに哲学がいる。『キーボードってなんだろう?』ということを考えていただきたい。早く打てるのがキーボードじゃない、"打てる"のがキーボードなんだと」と話す。

「もう少しくらい画面を広げても...」など、ツッコミどころ満載のキーボードだが、開発者の哲学も感じられる仕上がり。どのくらい早く打てるようになるのか...ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

【商品名】
クレイジースモール キーボード+マウス

【商品の特徴】
マッチ箱サイズで文字入力とマウス操作ができる

【企業名】
個人

【価格】
4,400円(クラウドファンディング)

【その他】
クラウドファンディングで支援者募集中

※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!

●脳波でボトルがボコボコ!?"大人のカロリミット はとむぎブレンド茶"
消費者の深層心理を探るために、脳波を使って開発したペットボトル

●曲げると見える"柱(ちゅう)ミラー"
電柱などに曲がった状態で貼るとゆがみなく映る鏡

●タダで回収&処分"e‐Pod Digital"
完全無料で機密書類処理ができる新サービス。また処理した廃棄物で作ったノベルティももらえる

●イライラしない!"スマートキーリング"
波形状の特殊バネ技術を応用。鍵が簡単に脱着できて、指が痛くならないキーリング

詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!

テレ東プラス

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。9月17日(火)の放送では、シリーズ「外食王」第8弾として、岐路を迎えたカレー市場を徹底取材。飽和状態を打破するために動く人々の姿を追う。「ハウス食品」が手掛ける"後がけスパイス"の正体今、ある画期的なシステムを取り入れたカレー店が話題になっている。それはカレー専門店「6curryKITCHEN」(東京・恵比寿)。月額会員制で月に3000円払えば、なんとカレーが1日1

ページトップへ
Twitter Facebook