デリヘルから日本の"絶望"が見えてくる。これは、現在放送中のドラマ24「フルーツ宅配便」(毎週金曜 深夜0時12分放送)の原作、漫画家・鈴木良雄が描く「フルーツ宅配便」の解説フレーズ。デリヘルを舞台に、デリヘル嬢とそれを取り巻く様々な人の事情や悩みを描くことで、いびつな現代社会の構図を世に問いかける作品だ。「フルーツ宅配便」は、2015年ビッグコミックオリジナルで連載スタート。2018年には「第21回文化庁メディア芸術祭」マンガ部門審査委員会推薦作品にも選ばれ、男性のみならず女性からの支持も高い

中川大志が、3月14日(土)21時から放送されるBS-TBS開局20周年記念ドラマ『左手一本のシュート』(BS‐TBS)で主演を務めることが決定し、1月25日に都内で行われた記者会見に出席。中川演じる主人公・田中正幸の高校バスケ部顧問役で駿河太郎、中学バスケ部顧問役で石黒賢、母親役で永作博美が出演することも発表された。

ページトップへ
Twitter Facebook