現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜 夜10時)。2月12日(火)の放送で取り上げるのは、中古ブランド品市場の舞台裏。新旧の業者が火花を散らす買取合戦や、高額商品を買いつける中国人バイヤーの動向など、その最前線に密着する。AIが学習するのはベテラン社員の職人芸中古ブランド品の大手業者で老舗の「コメ兵」は、持ち込まれた商品の価値を見極める"目利き教育"を社員に徹底し、消費者の信頼を集めてきた。その結果、今や年間455

側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。ネットでは「高いものは6万円もする!」という噂が流れています。これはもしかして一攫千金のチャンス? 億万長者になれるかも?ということで、ギザ10の本当の価格を調べるため、古銭などの買取を行う「バイセル」に話を伺ってきました。「ギザ10で一攫千金」の夢は早くも崩れる...今回、取材に応えてくれたのは査定員の青木夏椰斗さん。 ――バイセルでの「ギザ10」の買取平均価格は、いくらになりますでしょうか?「原価である10円に30円を足した、40円が平均と

ページトップへ
Twitter Facebook