「男っていうのは、いつまでたっても男だからな。それ考えると、高齢者狙いのシルバー風俗って需要あるかもしんないな」

定年まで女遊びもせず立派に勤め上げた元警察官、72歳。妻を亡くし、初めて体験したデリヘルにハマり...

主演・濱田岳×白石和彌監督のタッグでデリヘル嬢のワケあり人間模様を描くドラマ24「フルーツ宅配便」(毎週金曜 深夜0時12分放送)。突然、デリヘル店長になった咲田(濱田岳)が様々な事情を抱える女性と出会う。

デリヘルにハマる高齢者

デリヘルを舞台に、現代の日本社会が抱える問題を映し出す本作。SNSなどでは「出てくるデリヘル嬢が推しの祭典」と話題になるほど豪華すぎるキャスト陣も見どころ。レギュラー陣のキャラも徐々に浸透し、「マサカネさん(荒川良々)がナマケモノみたいでかわいい」などの投稿も増えてきた。そんな中、高齢者のリアルを描いた第4話では、「今日のストーリー、切なかったな」「孤独は誰にでも訪れるもの」と胸にくるものを感じた方が多かったよう。また「丸谷がデリヘルを利用している間は亡妻の遺影を後ろ向きにしている演出が良かった」と、細かな芝居や演出に注目している方も。その第4話を振り返る。

《今回のデリヘル嬢》

fruits_20190207_02.jpg
イチゴ(山下リオ)
今ドキ女子なデリヘル嬢。

fruits_20190207_03.jpg
咲田(濱田岳)は、オーナー・ミスジ(松尾スズキ)からの指示で、ある客にイチゴ(山下リオ)を派遣する。ホテルの一室を訪れたイチゴを出迎えたのは、スーツ姿の礼儀正しい初老の紳士だった。

「はじめまして、丸谷と申します」

72歳の丸谷(嶋田久作)はイチゴに名刺を渡し丁寧に挨拶。

「この度、初めてデリバリーヘルスを体験いたします。どうかお手柔らかにお願いいたします」

fruits_20190207_04.jpg
「感激しました。感無量です」

初めてのデリヘル体験に大満足した丸谷は、イチゴに身の上話を始める。

元警察官の丸谷は、定年まで遊びもせず真面目に勤め上げたが、半年前に妻が他界。
「女房がいるときはひとりになりたいなんて思ったりしたのですが、いざ本当にひとりになると...いなくなってこんなに寂しく感じるとは思いませんでした」

いきなり深刻な話をしたことに恐縮する丸谷に、イチゴはノリでテキトーな相づちを打つ。
「私も同じようなもんですし。死に別れ?みたいな? ウチら似てますねぇ~」

もちろんイチゴの話はデタラメ。しかし、真面目な丸谷はイチゴの話を真に受け、運命さえ感じてしまったのだった。

fruits_20190207_05.jpg
それから丸谷は連日のようにイチゴを指名。
「イチゴさんに会うんで、押入れの中からひっぱり出してきまして」
かなりズレてはいるもののファッションに気を使い、体力作りにも精を出すように。

fruits_20190207_06.jpg
さらに丸谷はイチゴと6時間の店外デートコースを申し込む。

「いいのかな? あのおじいちゃん、私のことを本当の恋人みたいに思っちゃってるんだよね」
さすがのイチゴも良心を痛めていたが...

「バーン! どうですか、この格好」
「......。すごーい、ウエスターン」

ウエスタンファッションに身を包み、慣れない車を一生懸命運転しながらイチゴをエスコートする丸谷は、とてもうれしそうだった。

fruits_20190207_07.jpg
イチゴの店外デートの間、近くで時間を潰していた咲田は、泣いているえみ(仲里依紗)を見つけ声をかける。
「ここで何してんの?」

えみは慌てて涙を拭き、何事もなかったように答える。
「何って...私は昔からよくここに来るから」

そこは、中学時代、咲田と親友の小田(前野朋哉)が、えみと初めて話した場所だった。橋の欄干から乗り出しすえみを見た咲田たちは、自殺しようとしていると勘違いし、必死で駆け寄り止めようとした。それがきっかけで3人は仲良くなったのだった。

夢や希望でいっぱいだった中学時代。「あの頃に戻りたいなぁ」と懐かしむ咲田だったが、えみは「私はいいや」とつぶやく。
えみのどことなく冴えない表情が気になりながらも、咲田は何も言えなかった。

fruits_20190207_08.jpg
イチゴの店外デート終了の時間になり、咲田は丸谷から料金を徴収。その金額は、オプションも付き、なんと合計11万円。

お守りの中からなけなしの金を出す丸谷を見て、咲田は思わず声をかける。
「連日のロングコース大変ありがたいのですが...失礼ですが、大丈夫ですか...お金」

しかし、丸谷はうれしそうに答える。
「私は決めたのです。余生はイチゴさんと一緒に過ごそうと」

fruits_20190207_09.jpg
ところが、丸谷が金融機関から金を借りていたことが発覚。ミスジが、町会長から「気の毒だから、これ以上丸さんが深入りさせないように」と頼まれたのだ。

咲田は、心を傷めながらもイチゴは退店したと嘘をつき、丸谷からの指名を断る。しかし、このウソにより、思いつめた丸谷がとんでもない行動を起こすことに......。

そんな中、ホテル前で待機していた咲田は、年配の男性にキスをされるえみを目撃。えみがデリヘルで働いていることを知ってしまう!?

この続きは、期間限定配信中の「ネットもテレ東」で!

娘の受験費用を稼ぐため禁止行為を!?

次回、2月8日(金)深夜0時12分放送の第5話では、デリヘル嬢・スダチ(内田慈)が 娘の受験費用を稼ぐため店に内緒で禁止行為を!? 一方、咲田(濱田岳)と同級生のえみ(仲里依紗)がデートで衝撃展開!

fruits_20190207_10.jpg
フルーツ宅配便のデリヘル嬢・スダチ(内田慈)は、娘の高校受験のためにもっと稼ごうと出勤を増やして頑張っていた。そんな時、常連客にもっとうまく稼ぐ方法があると言われ店で禁止されている"直引き"を始めてしまう。一方、咲田(濱田岳)はえみ(仲里依紗)と2人で出かけることに。えみに秘密を打ち明けられた咲田は掛ける言葉が見つからない。そして、えみのことで頭がいっぱいの咲田はスダチの異変に気付くことができず...

テレ東プラス

賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話が、10月20日に放送。インターネット上では、コミカルなシーンを楽しむ視聴者やドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』との繋がりを発見する声があった。(以下、ネタバレが含まれます)

ページトップへ
Twitter Facebook