2月7日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。今回は、林家三平が主演する「♪ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、二木の菓子」のCMでも知られる老舗の菓子専門店「二木の菓子」。日本の地方菓子で世界に挑む!地方に埋もれた名もなき菓子を発掘!東京、上野のアメ横に長年客に愛され続ける店がある。それが、いつも客で賑わう「二木の菓子」だ。人気の理由は豊富な菓子の品揃え。実に10000種類に及ぶ。アメや柿の種などの定番物をはじめ、珍味や輸入物も充実。店はさながら「菓子のテーマパーク」のような空間になっている。そして地

側面がギザギザになっている10円、通称「ギザ10」。ネットでは「高いものは6万円もする!」という噂が流れています。これはもしかして一攫千金のチャンス? 億万長者になれるかも?ということで、ギザ10の本当の価格を調べるため、古銭などの買取を行う「バイセル」に話を伺ってきました。「ギザ10で一攫千金」の夢は早くも崩れる...今回、取材に応えてくれたのは査定員の青木夏椰斗さん。 ――バイセルでの「ギザ10」の買取平均価格は、いくらになりますでしょうか?「原価である10円に30円を足した、40円が平均と

ページトップへ
Twitter Facebook