美容院でパーマをかけてもらうとき、カーラーが重かったり、熱かったりして不快な思いをしたことはないだろうか? パーマはかけたいけれど、髪への負担が気になる...という人もいるかもしれない。そこで今回は、気軽にパーマを楽しめるようになる機械を紹介する。

toretama_20190129_01.jpeg
「日本初の無重力のような感覚でパーマを楽しめるマシンです」というのは、東京・代官山のヘアサロン・Doorの吉澤剛さん。
早速、片渕茜キャスターがこの機械でパーマをかけてもらうことに。

toretama_20190129_02.jpeg
まずは、髪をクルクルと巻いていく。そしてアームで固定。上から宙づりになって、見た目はまさに無重力状態!

toretama_20190129_03.jpeg
これまでは、巻いた後にぶら下げるため、重力による髪への負担が大きかった。今回の機械ならスピードも速く、通常かかる時間の半分、約5分で巻き終わる。

toretama_20190129_04.jpeg
そして無重力状態で髪を寝かせることおよそ8分。
「初めて見る方はびっくりします」と吉澤さん。片渕キャスターも「向こうでディレクターさんが笑っいてる...不安になってきた!」とドキドキの表情。

toretama_20190129_05.jpeg
カーラーをはずすと、スタジオの大江麻理子キャスターが「サザエさん?」と表現したほど、かなりきつめにくるんとかかったパーマに。片渕キャスターも思わず不安になる仕上がりだったが、そこはご安心を。

toretama_20190129_06.jpeg
髪を洗って乾かせばご覧のとおり、きれいな"ゆるふわ"パーマスタイルが完成。
こちらはデジタルパーマの一種。今までは髪の毛にカーラーを巻き付けてぶら下げた状態で放置していたため、カーラーが地肌に当たって熱くなることもあったが、それも解消できるという。

吉澤さんは「今までにないパーマの楽しさを提供できるかな」と話す。今はマシンでも差別化を図らないといけない時代に来ているという。

日本でここだけでしか体験できない無重力パーマ。今までかけたことがない人や、新たなパーマ体験がしてみたい人はぜひ、この機械でチャレンジしてみてはいかがだろう。


【商品名】
セラミックカール・ゼログラ

【商品の特徴】
無重力状態でパーマがかけられる機械

【企業名】
Door

【住所】
東京都渋谷区代官山町20‐5

【価格】
要相談 ※パーマ料金は1回2万円

【発売日】
販売中

※その他、先週の「WBS」"トレンドたまご"では、以下のトレンドを紹介!

●壁ドンボックス"もし壁"
中で壁ドンし合うことでお互いの気持ちが分かるボックス

●AIでセルフチェック"健幸aiちゃん"
心と体の状態を同時にチェックできる機械

●着るだけでいい体 "シークレットマッチョT"
エアパッドで筋肉を演出し、着るだけで即マッチョに

●光るジェルスプレー"サイリュームペイント"
光るジェルを噴射して自由にマーキングできるスプレー

詳しくは「ビジネスオンデマンド」へ!

テレ東プラス

『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)に柴田泰樹役で出演中の草刈正雄が、9月20日(金)に放送される朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合、毎週月~金曜8:15~)のプレミアムトークに登場する。

ページトップへ
Twitter Facebook