タクシー王子と呼ばれた男~ 日本交通3代目の大改革東京のタクシー初乗り料金が730円(2km)から410円(約1km)に値下げされたのは2017年1月のこと。以来、タクシーはグッと身近になり、短い距離を安く移動する、いわゆる「チョイ乗り」客が増えている。変わったのは料金だけではない。最近、街でよく見かけるのが、タクシー会社各社が導入したワゴン型の「ジャパンタクシー」。現在、東京都内には1900台が配車され、街の中で存在感を示し始めている。この車両をいち早く導入し、業界の牽引役を果たしているのが、

いま知っておきたい話題や気になるニュースをお届けする朝の情報番組『モーニングショー』では、月~金の日替わりコーナーが放送されています。 水曜日は、宇賀なつみアナウンサーが、伝統守り、次の世代へ引き継ぐべく奮闘する輝く女性

ページトップへ
Twitter Facebook