1月10日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。"鉄の鋳物"で作ったフライパンが主婦を熱狂させている。その名も"魔法のフライパン"。下請け脱却を目指し、挑戦し続けてきた町工場・2代目の逆転劇に迫る!驚き連発! 魔法のフライパンとは...主婦の間で大注目を集める魔法のフライパン。実は、すき焼き鍋などに使われる"鉄の鋳物"で作ったもの。重くて調理器具には不向きだと言われてきた鋳物で作られる「魔法のフライパン」だが、その重さは、一般的なアルミ製のフライパンと変わらない980グラムしかないという。こ

倒産の危機にさらされながらも「特殊な練習用器具」を開発して年商2億円!奇跡のV字回復を遂げた町工場があります。一体どんな特殊器具を開発したのでしょう? ミニ四駆のスポンジタイヤ国内シェアNo.1の町工場 その会社は埼玉県にある1978年創業の「株式会社寿技研」。従業員18名の小さな金属加

ページトップへ
Twitter Facebook