大手4社は、2022年のビールの売り上げで大幅な増加を見込んでいる。 ビール大手の4社が6日、2021年の販売実績を発表しました。緊急事態宣言などの影響で、各社ともビール類は前年の実績を下回り、市場規模は17年連続の縮小となりました。ただ今年は、各社ともプラスを予想していて、特に発泡酒などを含まないビールの売り上げで大幅な増加を見込んでいます。一体、どんな商品で巻き返そうとしているのでしょうか? 都内にある量販店の酒コーナー。在宅需要でビールが好調に推移しているといいます。糖質ゼロやアルコ

ページトップへ
Twitter Facebook