「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」で発売された、こぼれいくら丼。北海道のホタテに浅草の鰻の蒲焼きなど全国の名産品がずらりと並ぶ物産展。新型コロナの影響で昨年から中止や規模の縮小が相次いでいましたが、いま続々と再開されています。出店者にとって物産展の再開は、期間中の売り上げ以外にも大きな意味がありました。東京の日比谷公園で11月19日から21日まで開催された、全国の魚介料理が一堂に会する「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」。昨年は新型コロナの影響で中止になりましたが、一昨

「えちごトキめき鉄道」を走るかつての国鉄の車両 新潟県内を走る「えちごトキめき鉄道」は北陸新幹線の開通によって6年前、JRから移管された第三セクターですが、赤字が続いているところにコロナ禍が追い打ちをかけました。経営立て直しに向けたローカル鉄道の取り組みを取材しました。 新潟県の山間から日本海まで全長98.3キロを結ぶ"トキ鉄"こと「えちごトキめき鉄道」。名物は5年前に運行を開始したリゾート列車「雪月花」で、車内で越後の旬の食材を使った料理が堪能できると、外国人観光客に人気でした。 人

ページトップへ
Twitter Facebook