AIが自動で衛星画像を解析し、軽石を赤く表示している 沖縄などに漂着した大量の軽石が地元の漁業や観光に大きな被害をもたらしています。今後、関東の沿岸部に接近する可能性も指摘されている中、「海の厄介者」となっている軽石を早期に発見したり、有効活用する動きが始まっています。 沖縄や奄美地方の沿岸で被害をもたらした軽石は今後、四国や本州などにも広がっていくとみられています。そんな軽石の動きをいち早く捉えるシステムの開発が進んでいます。AIによる画像解析を手がけるIT企業「リッジアイ」が開発した

インタビューに答えるファイザーのCEO新型コロナのワクチンを開発したファイザーとモデルナは、2週間ほどでオミクロン株に関するデータを集め、ワクチンの改良が必要かどうか判断するとしています。ファイザーのCEOは29日、アメリカの経済専門チャンネルCNBCとのインタビューで、既に26日からオミクロン株に対応するワクチンの開発を進めているとして、実際に必要となった場合、100日以内に出荷を始められると述べました。一方、モデルナのCEOはCNBCとのインタビューで、新たなワクチンを幅広く出荷できるように

ページトップへ
Twitter Facebook