いま人気となっている昭和に作られたラジカセ。 昭和の時代に作られたラジカセを修理するなどして、再び使いたいという人たちが増えています。なぜ人気なのか。そして、その裏で注目を集める壊れたラジカセをよみがえらせる職人を取材しました。 東京・足立区の商店街を歩く男性。ラジカセの再生を手がける"ラジカセ再生人"、デザインアンダーグランドの松崎順一さんです。 「電気屋さんの看板があれば全部、とりあえず当たってみます」(松崎さん) 訪れたのは街の電気店。松崎さんがラジカセやカセットテープを探して

インタビューに答えるファイザーのCEO新型コロナのワクチンを開発したファイザーとモデルナは、2週間ほどでオミクロン株に関するデータを集め、ワクチンの改良が必要かどうか判断するとしています。ファイザーのCEOは29日、アメリカの経済専門チャンネルCNBCとのインタビューで、既に26日からオミクロン株に対応するワクチンの開発を進めているとして、実際に必要となった場合、100日以内に出荷を始められると述べました。一方、モデルナのCEOはCNBCとのインタビューで、新たなワクチンを幅広く出荷できるように

ページトップへ
Twitter Facebook