「七輪焼肉 安安」の安安カルビ。カルビに使われるアメリカ産のバラ肉や牛タンは、1年間で2倍近く値上がりし「ミートショック」とも呼ばれています。このような牛肉価格の高騰にもかかわらず、定価のほぼ半額で提供する焼き肉店があります。どのようにして低価格を実現しているのでしょうか。都内のスーパーマーケット「アキダイ」でもミートショックが起きていました。秋葉弘道社長は「アメリカ産の牛肉。仕入れ価格が3割近く高くなった」と話します。アメリカ産の牛タンは100グラムあたり698円。ことし春ごろから約4割も値上

ページトップへ
Twitter Facebook