画像素材:PIXTA天気の悪化とともに頭が重くなり、こめかみもキリキリと痛む。そんな経験はありませんか。原因の一つと言われるのが気圧の変化。低気圧が繰り返し襲ってくる梅雨時や、短期間に大きな気圧の変化が起こる台風シーズンなどの到来に、多くの人がため息を漏らしています。そもそもなぜ気圧の変化が頭痛と関係するのか、コントロールができない天気とどう上手に付き合っていけばよいのか。「気圧の変化による頭痛」についてアンケートを行い、実態を調査。結果を踏まえ、専門医に話をうかがいました。 過半数が悩んでいる

インタビューに答えるファイザーのCEO新型コロナのワクチンを開発したファイザーとモデルナは、2週間ほどでオミクロン株に関するデータを集め、ワクチンの改良が必要かどうか判断するとしています。ファイザーのCEOは29日、アメリカの経済専門チャンネルCNBCとのインタビューで、既に26日からオミクロン株に対応するワクチンの開発を進めているとして、実際に必要となった場合、100日以内に出荷を始められると述べました。一方、モデルナのCEOはCNBCとのインタビューで、新たなワクチンを幅広く出荷できるように

ページトップへ
Twitter Facebook