不用意発言禁止! 裸のトークバラエティ「あちこちオードリー」(毎週水曜夜11時6分放送)。10月13日(水)放送は、「スポーツのスゴい人」としてボクシング女子・金メダリストの入江聖奈選手、ティモンディ前田裕太高岸宏行)が来店。名門野球部出身の2人が、お笑いを目指したきっかけとは?

名門野球部の2人がお笑いの道へ

2人そろって高校野球の名門・愛媛県済美高校・野球部出身、芸人界きっての肉体派ティモンディ。野球部の練習の過酷さには定評があり、「池いっぱいのゲロをみんな吐いてました」と前田。毎日早朝4時から始動し、授業中は寝て、放課後は夜11時半すぎまで練習、真夏にはコートを3枚重ね着して走るなどのトレーニングも。"逆転の済美"といわれる終盤の強さの裏には、そうした練習があったことを明かす。

achikcohi_20211016_02.jpg
ピッチャーだった高岸の人生最速球速はMAX150㎞/h。しかも、野球部時代ではなく、なんと芸人になってから。信じられないというオードリーに、「MAX150㎞/h誰でも投げられます」と高岸。「絶対無理だよ」という春日に、高岸は「絶対投げられます!」と立ち上がり、「今からひとつずつやれば、誰でも投げれる」と熱弁!

achikcohi_20211016_03.jpg
野球一筋だった2人がお笑いを始めたきっかけは、意外にも高岸からの誘いだった。大学から大学院へ進み、弁護士になる予定だった前田。一方、大学でも野球を続けていた高岸だったが、怪我でプロを断念。今まで応援してくれる人がいたから乗り越えられてきたと気づいた高岸は、「余生は応援する側にまわろう」と応援する職業を探す中、サンドウィッチマンの震災復興支援活動を知る。「これだ!」と思った高岸は、サンドウィッチマンをならって高校時代の仲間・前田を誘って、コンビ結成。

achikcohi_20211016_04.jpg
サンドウィッチマンの事務所グレープカンパニーのオーディションを受けることにしたものの、お笑い経験ゼロの2人はネタ見せで何をすればいいかわからない。とりあえず「野球部でやったこと出そう」と、野球部の挨拶をしてみたところ、「声が出ている」と合格したのだという。スタジオで独特な挨拶を披露すると、オードリーも爆笑!

高岸にとっては全てが"応援"

achikcohi_20211016_05.jpg
高岸はネタをする時も、番組に出演する時も、「人をどうやって元気にするか、どうやって前向きにするか」を考えて"応援"いるという。それゆえ、ウケなくても、たとえネタが飛んだとしても「言いたいことを応援として、メッセージで伝えたら、その時点で100点」と高岸。さらには前田の書いたネタのことを、高岸は"詩"だと思っていることが発覚!?

ぶっ飛んだ高岸の前フリとしての役目が多い前田だが、実は済美高校で4番を経験した強打者にして、MAX139㎞/hの強肩。高校時代の身体能力テストでは、2年連続で全国1位という、ずば抜けた身体能力の持ち主なのだ。

achikcohi_20211016_06.jpg
それでも前田は「ゴールテープ切るのは4番バッターの方がいいのかな」と高岸を支える立場を崩さない。前田の「カメラ向いてる方に、綺麗なバントをしていく」という姿勢に、スポーツで鍛えられた精神から「腐らない」ところがすごいと感心する若林だったが......実は心の奥底には葛藤が!? 若林も「わかるわ!」と共感した前田の本音とは?

その他、ブレイクのきっかけとなった「ゴッドタン」オーディションでのエピソードや、次々と目標を達成するオードリーに前田がガチ相談なども。

次週10月20日(水)の放送は、NON STYLE石田明井上裕介)が来店。オードリーを破って優勝した「M-1グランプリ2008」の舞台裏とは?

テレ東プラス
ページトップへ
Twitter Facebook