アフガニスタン中央銀行のアフマディ総裁代行は18日、中銀の保有資産が先週時点でおよそ90億ドル、日本円にして9900億円だったとツイッターで明らかにしました。アフマディ氏はまたアメリカによる資産凍結の結果、アフガニスタンで実権を握っているイスラム主義組織タリバンが利用できるのは、最大でその0.2%程度の約20億円との見方を示しました。 また、IMF(国際通貨基金)は、現在のアフガニスタン政府に対する国際社会の認識が曖昧なため、アフガニスタンはIMFの準備金などを利用できないとする声明を発表

リスクか、はたまたリターンか?暗号資産から北方領土、芸能人夫婦の離婚まで、リスクとリターンをめぐる議論は様々だ。 大阪のIRもそのひとつ。横浜市長選でIR反対派が勝利し、IRに手を挙げているのは長崎県、和歌山県と大阪府市の3カ所になった。大阪ではオリックスとMGMリゾーツ・インターナショナルの連合が1兆円規模のIR整備計画を発表。それを軸に、IRによる大阪経済の底上げへの期待が高まっていた。一方、コロナ禍で世界中のIRは業績が悪化。MGMの経営悪化で大阪IRも開業時期は未定になった。 ...

ページトップへ
Twitter Facebook