長引くコロナ禍で間取りに変化も。人々の生活スタイルに合わせて、変化してきた家の間取り...。長引くコロナ禍での生活を機に、その常識が変わってきています。玄関近くに洗面所を設ける。納戸やサービスルームをワークスペースとして活用。パントリーの設置など...。激変する間取りの新常識を取材しました。昭和30年代、夢の住まいと言われた団地。当時最も多かった2DKの間取りでは、ふすまで仕切られた和室が2室、四畳半程度ですがダイニングキッチンがありました。DKと呼ばれた初めての空間です。この頃から内風呂、水洗

リスクか、はたまたリターンか?暗号資産から北方領土、芸能人夫婦の離婚まで、リスクとリターンをめぐる議論は様々だ。 大阪のIRもそのひとつ。横浜市長選でIR反対派が勝利し、IRに手を挙げているのは長崎県、和歌山県と大阪府市の3カ所になった。大阪ではオリックスとMGMリゾーツ・インターナショナルの連合が1兆円規模のIR整備計画を発表。それを軸に、IRによる大阪経済の底上げへの期待が高まっていた。一方、コロナ禍で世界中のIRは業績が悪化。MGMの経営悪化で大阪IRも開業時期は未定になった。 ...

ページトップへ
Twitter Facebook