アメリカの宇宙旅行会社ヴァージンギャラクティックは11日、アメリカ西部のニューメキシコ州で創業者のリチャード・ブランソン氏など6人を乗せた開発中の有人宇宙船で試験飛行を実施しました。目標の高度80キロ超に達することに成功し、およそ1時間後に無事帰還しました。試験飛行後、ブランソン氏は「宇宙をもっと身近なものにしていきたい。宇宙の新時代の始まりだ」と述べました。ヴァージンギャラクティックはすでにアメリカのFAA(連邦航空局)から一般客を乗せる免許を取得しており、試験飛行を重ねて来年の商業宇宙飛行の

日本では少子高齢化による人口減少が将来に向けた課題のひとつに挙がっているが、一方で世界に目を向けると世界の総人口は増加の一途を辿り、それに伴い食糧需要も増加。食糧危機という課題に直面しようとしている。こうした中、ICTやサイエンスを活用して食に関する課題を解決したり、食の可能性を広げようと「フードテック」というビジネスが拡大しつつある。グローバルで700兆円市場と言われるフードテックとはどのようなものなのか。このセッションでは、「Next Meats HD」のCEOである白井良氏、「ユーグレナ」

ページトップへ
Twitter Facebook