【ネタバレ】『生きるとか死ぬとか父親とか』トキコの心に影を落とす家族の過去と赤い花の女

PlusParavi

ラジオパーソナリティーでコラムニスト、ジェーン・スーのエッセイを原作に据え、吉田羊×國村隼のW主演で家族の愛憎物語を描いた『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京)の第10回が、6月11日(金)に放送された。 今回は、前回に続いて「過去編」である。自身の辛い記憶に蓋をしたことから、母の記憶そのものが風化されていると気づいたトキコ(吉田羊)は、初めて母について全てを書くことを決意する。 それはトキ...