【ネタバレ】『珈琲いかがでしょう』壮絶な人生で見つけた"美味しい珈琲"を淹れたい理由

PlusParavi

「ちょっとした加減で変わってくるもんだよ。珈琲の味も、人間も」と、光石研演じるホームレスのたこは、青山に言った。中村倫也演じる青山一という人間もまたそうなのだろう。月曜深夜の癒しのドラマ『珈琲いかがでしょう』は、荻上直子、森義隆、そして6話を担当した映画『ケンとカズ』の小路紘史と、個性の異なる監督たちの手によって、少しずつ色を変えていき、今ではバイオレンスと人情噺と人生哲学が入り混じる、驚異の作品...