テレビ東京系で、コナリミサトの人気漫画原作を実写ドラマ化した『珈琲いかがでしょう』が4月より放送スタートした。移動珈琲店「タコ珈琲」を営む主人公・青山一が「中村倫也にしか見えない」との声が原作ファンの間でささやかれるなか、その中村が主演。監督・脚本は映画『かもめ食堂』『めがね』『彼らが本気で編むときは、』などで知られる荻上直子、さらに『パラレルワールド・ラブストーリー』の森義隆、『ケンとカズ』の小...

ページトップへ
Twitter Facebook