【ネタバレ】『珈琲いかがでしょう』中村倫也が1杯で世界を変えていく

「丁寧に、誠実に」
珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)第1話は夏帆演じる垣根志麻の、そんな第一声から始まった。中村倫也演じる青山一が、丁寧に珈琲を淹れる工程に、小沢健二の『エル・フエゴ(ザ・炎)』が重なり、「丁寧に、誠実に」と念じながら、背筋をピンと伸ばして手紙をしたためる垣根の姿に繋がる。このオープニングだけで、このドラマ自体が、どこまでも「丁寧で誠実」であろうとしていることが伝わってくる。

監督・脚本を手掛けるのは、映画『かもめ食堂』の荻上直子。原作は、「凪のお暇」でも知られるコナリミサトの同名コミック(マッグガーデン刊)。ドラマ化された『凪のお暇』(TBS)で魅惑のゆるふわイケメン・ゴンを演じた中村が、今度は移動珈琲店「たこ珈琲」の優しくてミステリアスな店主として、行く先々で人生に少し行き詰った人の心を癒していく。

物語は2部構成で進んでいく。「1杯目」は誠実・丁寧な仕事を心掛けるあまり仕事が進まず、効率重視の上司に怒られてばかりの垣根志麻が、青山の淹れる「特別な珈琲」に励まされ、やがて互いに疎ましく思っていた後輩・馬場(足立梨花)と心を通わせる「人情珈琲」。

「2杯目」は、クレーム対応の電話オペレーターをしている早野美咲(貫地谷しほり)が、ふと死にたくなってベランダの下を見下ろしたら、真下にいる青山と「たこ珈琲」と出会い、思わぬ近場の冒険をすることになる「死にたがり珈琲」。

卵焼きに話しかける垣根や、カフェオレ色の人生を嘆く美咲を見て「あー、ビックリした。私かと思った」と感じたあなたと私は同じだ。多分このドラマは、そんな私たちのためのドラマだ。見ているだけで、張りつめていた心がほぐれていく。明日もまた、たった一人でも必要としてくれる人がいるのなら、その人のために、丁寧に、誠実に仕事をしようと思わずにいられない。

「コンピューターでちょちょっとやれば綺麗な字が出てくる」現代、ボタン一つで「普通に美味しい珈琲」が飲めて、要領よくなんでもやれちゃう人がもてはやされる、そんな何事もスマートでスピーディーな世の中に対するささやかなアンチテーゼのように示される、「たこ珈琲」の美しく手入れされた道具たち。青山は、それらを使って一杯一杯、時間をかけて丁寧に珈琲を淹れる。たった一杯、たった一振りの魔法で、悩める彼女たちの世界を変えてしまう。

自分の仕事をちゃんと誰かが見てくれていることを知る。苦手だと思っていた誰かと話す。ほんの少し裏道に逸れてみる。ほんの少し見方を変える。それだけで、死にたくなる昼下がりは紫色のタコに吸い込まれ、「生きてるっていいかも」と思う夕暮れ時に姿を変えるのである。

そしてある日突然、彼は、幻のように姿を消してしまう。何やら長く一箇所にいてはならない理由があるみたいだ。磯村勇斗演じる、明らかに怪しい風体の青山を追う男もインパクト大である。毎度ながら雰囲気をガラリと変える磯村に驚かされつつ、イチゴミルク味の飴が好きな人はきっと悪い人ではないだろう。なんて思いながら、月曜日の夜を待とう。

(文・藤原奈緒/イラスト・まつもとりえこ)

【第2話(4月12日[月]放送)あらすじ】

「キラキラ珈琲」
青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた、ある田舎道で「たこ珈琲」を開店していたが、ここにいるのもこの日まで。営業を終え、深夜、車で東京へ移動していると、後方で何やら物音が・・・。髪をピンク色に染めたみかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)が、こっそり乗り込んでいたのだ。慌てて引き返そうとするが、雅は田舎生活がとにかくイヤで、可愛い自分は東京でも通用するはずだと訴える。既にオーディションを受けることも決めていた。「東京で何かしらになりたい」・・・何を言っても引き下がらない雅に根負けした青山は、親へ報告することを条件に連れていくことに。東京では、雅のインスタのファンだという、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿で落ち合い、オーディション会場へ連れて行ってもらう間にも、スカウトされたり、かわいいものに囲まれたり。期待感がますます高まっていくが――。

「だめになった珈琲」
ある日、礼のルームメイト・ヤイ子(三浦透子)が、突然出ていくと言い出す。最近の礼の行動にもうついていけないという。ついに独りぼっちになった礼の部屋に突然、青山が訪ねてくる。雅が部屋にスマホを忘れたといい、早速探し始めると、雑然とした部屋から古びたエスプレッソマシーンが出現。礼は機械を懐かしそうに見つめながら、上京した頃のことを青山に話し始める・・・。

◆番組情報
『珈琲いかがでしょう』
毎週月曜23:06よりテレビ東京系にて放送
※初回~3話は5分拡大
出演:中村倫也 夏帆 磯村勇斗 ほか
地上波放送後に動画配信サービス「Paravi」では本編見逃し配信のほかに、Paraviオリジナルストーリー「珈琲"もう一杯"いかがでしょう」が独占配信される。

【公式HP】https://www.tv-tokyo.co.jp/coffee_ikaga/
【公式Twitter】@tx_coffee
【公式Instagram】@tx_coffee_ikaga

(C)「珈琲いかがでしょう」製作委員会

PlusParavi

4月12日(月)の「月曜プレミア8」枠は、松下奈緒主演の新シリーズ『脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。松下は、“脳科学”を駆使する異色の弁護士・海堂梓を演じる。

ページトップへ
Twitter Facebook