『アノニマス~警視庁"指殺人"対策室~』がついに最終回を迎えた。最終章7・8話では、ドラマ全編を覆う謎だった「アノニマス」と、結束の強まった指対メンバーとの闘いが描かれた。なんといっても、8話において、「アノニマス」の正体・倉木を演じたシム・ウンギョンと、彼女の暴走を懸命に止めようとする万丞を演じた香取慎吾が向き合う場面は圧巻だった。 裁かれない罪、見逃されていた罪を究明し、ネットユーザーの力を使...

ページトップへ
Twitter Facebook