香取慎吾演じる万丞渉は、水先案内人のようだ。誰もがインターネットの情報に振り回され、実像より遥かに大きい虚像を追い、熱狂する、雑音の多いこの世界において、彼の周りだけは静かで、不思議と心が凪ぐ。そんな安定感がある。地図を広げ、膨大な量のメモ帳を捲り、誰よりも足を使う彼の独自の視点や問いかけは、道を踏み外してしまった人、あるいは道を踏み外しかけた人々を常に正しく適切な道に導く。 全体を巡る謎でもある...

ページトップへ
Twitter Facebook