花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電

『花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電』動画はこちら

花王が開発した「人工皮膚」技術。花王はこの技術を応用したスキンケア商品を発売しました。

20200123_business_02.jpg

花王とパナソニックが共同開発したスキンケア家電「バイオミメシス ヴェール」(美容液・化粧液付き・7万円)です。

20200123_business_03.jpg

肌に専用の保湿美容液を塗り、新商品を肌に近づけてスイッチを押すと薄い膜ができます。膜で覆うことで、肌の水分が一定に保たれるため、寝る前のスキンケアに最適なのです。

これはファインファイバーと呼ばれる、髪の毛の約100分の1の細い繊維でできていて、人工皮膚への応用も期待されています。

花王の澤田道隆社長は会見で「これまでやってきた延長線上ではできないレベルをこのテクノロジーを使って達成する」と自信を持って語りました。今後は、やけどやアトピーの治療など、医療分野への活用も検討しています。

澤田社長は「5年、10年先の花王をささえる技術になる。グローバルに1,000億円くらいのビジネスの広がりにしたい」と期待を込めて語ります。

『花王 "人工皮膚"技術でスキンケア家電』動画はこちら

この映像と記事は「ワールドビジネスサテライト」(2019年11月1日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

テレビ東京の経済報道番組とTBSの「がっちりマンデー!!」を"早見"できる「パラビジネス 見て得する!サクッと経済」は毎日配信中。

(C)テレビ東京

パラビジネス2019年12月ランキング
第1位 マクドナルドが始めた画期的なチェンジとは?
第2位 「串カツ田中」がソース2度付け解禁
第3位 食べログなどを公取委が調査
第4位 廃棄食材で"100円ラーメン"
第5位 令和初クリスマス商戦 ケーキのトレンドは?

PlusParavi

『あのレストランも起用 「マイクロインフルエンサー」とは?』動画はこちら SNSや動画共有サイトで情報を発信する「インフルエンサー」。中でも、消費者にピンポイントで情報を届けられる「マイクロインフルエンサー」が注目されています。 東京・千代田区にある「俺のグリル&ベーカリー 大手町」。ステーキを食べた男性がスマホを取り出し何か入力しはじめました。 実はこの男性は、インスタグラムなどで和牛の情報を発...

ページトップへ
Twitter Facebook