異色医療ドラマ『病院の治しかた―』小泉孝太郎、甥に誇れる代表作に!?

1月20日(月)からテレビ東京で放送開始、動画配信サービス『Paravi(パラビ)』でも配信が決まっている小泉孝太郎主演ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』の記者会見が1月17日(金)に行われた。小泉の他、高嶋政伸小西真奈美浅田美代子中村雅俊が登壇し、本作への意気込みなどが語られた。

本作は、世界選手権や平昌冬季オリンピックで金メダルを獲得したスピードスケート選手・小平奈緒が今も所属する相澤病院が、かつて多額の借金を抱え倒産危機から奇跡の復活を遂げた"実話"をベースにした物語。地方ならではの「しがらみ」や「既得権益」をバッサバッサと切ってゆく院長の揺るぎない姿勢を描く、病院経営という目線を加えた今までにない"医療ドラマ"となっている。

20200117_byousinn_02.JPG

主演を務める小泉が演じるのは、東京の大学病院での輝かしいキャリアを捨てて実家の病院再建のために奮闘し、時には「暴走特急」と呼ばれるほどの熱いキャラクターである主人公・有原修平。記者会見に登壇した小泉は、この日朝にうれしいニュースがあったこともあり「きょうはドラマのお話です。それだけでは済まされないですよね・・・冒頭で少しお時間いただきます」と語り始め「私事ですが、弟夫婦に子供が生まれ、"おじさん"になりました!」と笑顔で報告。

さらに、「昨日僕夜中まで待機してたんです。初めて甥っ子になる子に会おうと。この衣装で会いに行こうか迷いました(笑)。いつか甥っ子が大きくなった時、このドラマは胸を張って見せられる作品になっているかなと。医療ドラマの中でも全く違う切り口で描かれた作品なので楽しみにしていただければと思います」とコメントした。

また、実在する人物を演じるということで、「モデルとなった病院と実在の院長先生いらっしゃるので、そこを一番気を付けました。役作りはこういう風にしようじゃなくて、病院経営の改革に立ち向かっていった相澤孝夫さんという方がいらっしゃるのでなるべくナチュラルに。最後の最後には"これが有原修平なんだぞ"と見せられるように、なるべく役作りを意識せずに挑戦しました」と演じる際に意識していたことを明かした。

20200117_byousinn_03.jpg

修平とタッグを組んで病院改革を進める信甲斐銀行の融資部次長・倉嶋亮介役の高嶋は「本当に素晴らしいドラマで、小泉さんにとって代表作になるんじゃないかと思います」と語り「最初に台本をいただいて読ませていただいた時に、とても攻めてる台本だなと思ったんですよね。実にリアルなんです、セリフが。銀行の融資課の役なので、銀行のリアルなセリフで、病院に行くと経営の専門用語の嵐で数ページを読んで出来るかなと思っていたんですが、読んでいくうちに、めちゃめちゃいい話だなと思って感動しました。いただいた台本一気に読んでしまいました」と本作の魅力を明かした。

高嶋は難しい専門用語が沢山出てくるからこそ、視聴者にきちんと伝えるために自分のものにしようとひたすら反芻して覚えたりしたとか。そこで「落とし込まないといけないので、お医者さんにお話を聞いたりドクターの妻に台本を読んでもらったりして色々話を聞いたんですけど、今まさに病院が対峙してる問題を扱っていると言って驚いてました。『すごい! いい話よ』って。それを聞いてやはり大変だけどチャレンジするしかないかなと思いました」と、本作は医者である妻のお墨付きの作品になっているとか。

20200117_byousinn_04.jpg

一方、緊迫したシーンの多い本作の中でほっこりとした場面を描いているのが編集デザイナーの修平の妻・志保とのシーンだとか。小西は「自立した女性でありながら明るく、時に優しく旦那様を支えている役なので、ドラマの中で緊迫したシーンがあっても、この夫婦の感じがほっこりとしたシーンとして皆さまにお届けできればと思います」と意気込み、「(共演するシーンは)小泉さんがホッとする時になるといいよなと思って毎回元気だけは持って現場に行くようにしてます」と"妻役"として小泉をサポートしているようだ。

20200117_byousinn_05.jpg

また、時に厳しく時に優しく、修平をサポートする有原総合病院・看護部長・兵藤悦子役の浅田は「『病院の治しかた』というドラマで、手術シーンとかそういうのがいっぱいあるわけではなく、人間の心のドラマで。病院をどう立て直していくのかというドラマなので、これまでの医療ドラマとは違うので楽しんでいただきたいなと思います」と作品をアピールし「私の役は周平さんを小さい時から知っているので、"婦長と院長"という関係よりもお姉さん的な存在で見守ってあげる形でやらせていただいます。熱血漢溢れる修平は本当に孝太郎さんがぴったりで! 見ていて『かっこいい・・・』と惚れ惚れするくらい『実家のために!』というのが伝わってくるので、本当にすてきです」と座長である小泉が演じる修平の魅力を熱弁した。

20200117_byousinn_06.jpg

修平の父・正太郎の時代から有原病院を支えてきた信甲斐銀行・副頭取米田正光役の中村は「普通のドラアマと違って見ごたえあるなと台本をもらった時から思っていたんですけど、出来上がったものを見たら台本以上の出来になっているなと思いました」と作品への自信を覗かせる。

さらに、「副頭取の役なので偉いポジションで、撮影がほとんど副頭取室なんです。ですから気分はどちらかと言うと『太陽にほえろ』の裕次郎さんみたいな気分でした(笑)。ずっと同じところにいたので。役柄的には修平と倉嶋に対して『防波堤になる』というセリフを言うんですけど、言葉通りどんな困難があっても助けてあげて、立ちふさがって二人を守るという。時に優しく時には厳しき二人にいろんな言葉を言ってあげて、精神的にバックアップしてるというのを意識して演じました」と自身の役作りについて明かした。

20200117_byousinn_07.jpg

今期は医療ドラマが多いことで話題に。そのことについて記者から話を振られた小泉は「今回、制作のスタッフの皆さんも僕ら演じる側もこの作品にしかない魅力、このドラマにしかない世界があると思ってやってきましたし、他にはない切り口のドラマだと思います」とコメントし、「いろんな医療ドラマありますけど、『病院の治しかた』は異色の医療ドラマとして皆さまに『あ、こういう病院が実際にあったんだ!』『こういう院長先生、スタッフの方がいたんだ』と、新鮮な気持ちで見ていただけるのではないかと。それは、もし今クール全ての連続ドラマが医療ドラマだったとしても自信があります! これにしかない魅力があると思っています」と自信を持ってアピールした。

小泉孝太郎主演ドラマ『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』は1月20日(月)夜9:00からテレビ東京で放送開始(※2話以降は毎週月曜夜10:00から)。地上波放送後には動画配信サービス『Paravi(パラビ)』でも配信される。

PlusParavi

次回 10月28日(水)よる10時放送の日本テレビ系 新水曜ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」。主演・波瑠が恋をさぼってきた“おひとり様”産業医・大桜美々を演じる今作。美々が久方ぶりの恋に翻弄される様子を波瑠が好演。さらに、劇中では

ページトップへ
Twitter Facebook