柿野雪映(中村ゆり)、柿野正隆(北山宏光)

「ドラマホリック!」枠で7月7日からスタートする北山宏光Kis-My-Ft2)主演の『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系、毎週水曜24:00~)。

同ドラマは、本田優貴による人気コミック「ただ離婚してないだけ」(白泉社)が原作で、結婚生活7年目を迎えた“ただ離婚してないだけ”の冷え切った関係の夫婦が、夫の不倫をきっかけに、罪が罪を招く、史上最も恐ろしい不倫サスペンス。北山は、主人公・フリーライターの柿野正隆を演じ、中村ゆりが、妻・雪映を演じる。

<第1話あらすじ>
フリーライターの柿野正隆(北山)と、小学校教師の柿野雪映(中村)は、結婚7年目となる夫婦。正隆の雪映への思いは冷めきっており、関係は「ただ離婚してないだけ」。

正隆の妻・柿野雪映(中村ゆり)
正隆の妻・柿野雪映(中村ゆり)

そして正隆には夏川萌(萩原みのり)という不倫相手がいた。

正隆の不倫相手、夏川萌(萩原みのり)
正隆の不倫相手、夏川萌(萩原みのり)

萌は日中は新聞配達、夜はガールズバーで働き、少年院を出たばかりの弟・夏川創甫(北川拓実)の面倒を見る複雑な家庭環境だった。

ガールズバーで働くほのか(大原優乃)と萌(萩原みのり)
ガールズバーで働くほのか(大原優乃)と萌(萩原みのり)

ある日、正隆は萌と温泉旅行に行くことに。そこで萌から、ある衝撃の告白が……。

大抵のラブストーリーは、恋する2人の間にライバルが割って入ったり、最終回直前になってどちらかに海外行きの話が持ち上がったり。そんな波乱と障害を乗り越えて結ばれたところでハッピーエンド。 でも、私たちが見たいのはハッピーエンドのその先で。恋が終わって、愛になる。その過程には生活があって。「2人は末永く幸せに暮らしましたとさ」のいう締め括りのその一文にあるものを知りたいのに、ドラマでは意外と描かれない...

ページトップへ
Twitter Facebook