HiHi Jets井上瑞稀高橋優斗作間龍斗がトリプル主演を務めるドラマホリック『DIVE!!』(テレビ東京系、毎週水曜24:00~)。6月30日に放送された最終話では、さまざまな思いを抱えた3人の“運命のラストダイブ”が描かれ、SNS上では「涙なしでは見られなかった」など感動の声があがった(以下、ネタバレが含まれます)。

いよいよオリンピック代表を掛けた選考会。坂井知季(井上)と沖津飛沫(高橋)は、それぞれ思いを背負いながら飛び込み台へ立つのだが、その試合中、要一が倒れてしまう。そんな要一も強い決意を抱いており、「意地でも飛ぶ」と言い張るのだった。

父親でコーチの富士谷敬介(村上淳)は要一に熱があることを見抜いており、一度は棄権するよう諭すも、「何かと戦っているのはみんな同じ。熱なんか関係ない」と言う要一の強い思いに感化。「MDC(ミズキダイビングクラブ)や俺のためじゃなく、自分のために飛べ」という約束をして、プールへと送り出す。

そして知季は、アメリカに行ってしまうコーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)に「一緒に飛び込みを続けたい。コーチじゃなきゃダメなんです。なんでアメリカ行くなんて言うんですか!」と思いの丈をぶつける。そして4回半を必ず成功させると誓い、運命のラストダイブへ向かう……!

放送後、SNS上では感動のラストに絶賛のコメントが多数上がり「青春をありがとう!」「最高のドラマでした!」「涙なしでは見られなかった」「HiHi Jetsの3人とキャラクターの成長がリンクしているように感じた」など、熱い思いが抑えきれない様子。

また「来週からどうしよう……」「来週から何を楽しみにしたらいいの」と、早くも“DIVE!!ロス”を訴える声も上がっていた。

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」。今週は、フジテレビで放送中の令和版と、1991年に放送された平成版の『東京ラブストーリー』を紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook