栗山千明が主演を務める水ドラ25『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』(テレビ東京系、毎週水曜25:10~)の最終話が、6月23日に放送。インターネット上では、2人の関係がどうなってしまうのか、息を呑む視聴者が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、恋愛経験豊富な仮面を被ったこじらせ姫・九条瑠璃(栗山)と、笑顔の下に本音を隠した年下王子・真宮亮(小関裕太)の嘘から始まる、トキメキ必至のオリジナルラブコメディ。

亮に「離れたい」と別れを告げた瑠璃。翌日、納得できない亮から「瑠璃さんと離れるなんて、俺無理ですから」「瑠璃さん言ったじゃないですか。“別れたい”じゃなくて“離れたい”って。だったらもう一回片思いするだけです。瑠璃さんに離れたいって思わせないように、もう1回頑張るだけです。それでも離れたいって言えるなら言ってみてください」とぶつけられた。

すると、そのまま亮は倒れてしまう。ベッドで眠る彼を看病したのち、瑠璃は帰ろうとするが、亮が手を引っ張る。彼は「いかないでください。俺には……なれないんですか?」とつぶやいた。

瑠璃は帰宅すると自暴自棄に。恋愛がこれほど辛いものなのかと涙を流す。“やっぱり私はお姫様になれなかった”と絵本「なまえのないお姫様」を読みながら、これまでの彼との思い出を振り返る。すると、ページの中に付箋で「俺は王子様になれましたか?」とのメッセージが。どうやら、以前彼が書き置きしたものらしい。ベッドで横になる亮の「俺にはなれないんですか?」の言葉が重なり涙する。

吹っ切れた瑠璃は、亮の兄・賢治(吉沢悠)のもとへ。笑顔で「亮がずっと私のことを考えてくれたように、私も亮のことを考えます。私たち2人でいれば最強なんで」と告げた。すると笑い出す賢治。じつは先ほど亮も兄のもとを訪れ「瑠璃さんと離れられない」と語っていたのだ。

瑠璃は亮のもとへと向かい「私が亮を幸せにするから」とぶつけると「なんで先に言うんですか? 俺が言いたかったのに」と亮。さらに「瑠璃さん俺を幸せにしてください。その代わり、俺が瑠璃さんを幸せにします」と抱きしめた。

ネット上では、2人の結末に「日本のラブコメ史上最高作じゃない?」「最高に好きなドラマに」「最終回 神回だわ」との声があった。

町田啓太が主演を務めるドラマドキュメンタリー『僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!』(テレビ東京系、毎週水曜25:00~)=通称『僕ドラ』の第4回が、1月26日に放送。町田自らがアイデアを出し、脚本には書かれていない細かい役作りを監督と一緒に作り上げていくといった撮影現場の裏側が紹介された。

ページトップへ
Twitter Facebook