泉里香が主演を務める真夜中ドラマ『高嶺のハナさん』(BSテレ東、毎週土曜24:00~/テレビ大阪、毎週土曜24:56~)。5月1日放送の第4話では、お化け屋敷でキャラを崩壊させる高嶺華(泉)と、華をしっかりと守る弱木強(小越勇輝)のカッコよさに、インターネット上では胸キュンする声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、ムラタコウジの同名人気コミックを原作にしたすれ違いラブコメディ。泉演じるバリキャリOLの高嶺華と、小越演じる年下のダメ社員・弱木強のちぐはぐな恋模様が描かれる。

お化け屋敷とのコラボ企画で「ゾッとするお菓子を作って欲しい」と依頼された華。幼い頃、母に連れられたお化け屋敷で恐怖のあまりお漏らしをしたトラウマがよみがえり、とっさに断ろうとするが、その横から弱木が「僕も参加させてください!」と手をあげる。その後、華は弱木と天井苺(香音)、更田元気(猪塚健太)とお化け屋敷を体験しにいくことに。恐怖心を抱えつつも、華は弱木との思わぬデートチャンスに胸を躍らせる。

高嶺華(泉里香)
高嶺華(泉里香)

お化け屋敷のテーマは「家に潜む殺人鬼に気づかれないよう、鍵を持って出てくる」というもの。突然姿を表した謎の仏像に弱木は「わっ!」と声をあげ、華は普段のキャラを忘れて「キャッ! おどかさないでよ〜〜!」と弱々しく悲鳴を上げる。弱木が仏像に気を取られているその背後から、殺人鬼が華のもとへ。華は必死で逃げ出すが、殺人鬼に追い詰められ、部屋に閉じ込められてしまう。

窓から手を伸ばす殺人鬼。絶体絶命かと思われたそのとき、部屋の扉が開き、弱木が助けに駆けつける。「高嶺さん、大丈夫ですか!」と手を差し伸べる弱木に、思わずその手を握る華。「僕がおびきよせる」と渡された鍵を握り、ひとり出口を目指す。なんとか脱出に成功し、「やった! やった〜!」と大喜びする華。続いて弱木が殺人鬼に追いかけられながら脱出し、凶器を振り下ろされる直前に間一髪で扉を封印する。

手を取りあってジャンプする二人。その後、我に返った華は気まずそうに手を離し、弱木も「すみません……」と謝る。「どどどうしよう〜! 弱木くんと手つないじゃった〜!」と心のなかで大喜びの華。「これからどんな顔して弱木くんと接すればいいの〜?」と困りつつ、手のひらに残る弱木の残り香を胸いっぱいに吸い込む。

高嶺華(泉里香)、弱木強(小越勇輝)
高嶺華(泉里香)、弱木強(小越勇輝)

「高嶺先輩と弱木先輩、お化け屋敷で何かあったんですか?」と打ち上げの席で探りを入れる天井。「何もないよ!」と即座に否定する弱木に華は「えっ!?」とショックを受ける。「あれだけのことをしておいて、何もないって言えるわけ?」と動揺する華をよそに、弱木はなおも「何もないから!」と重ねて否定。パニックになった華は驚きの行動に出て……。

ネット上では「弱木きゅんが時々見せる男らしい顔つきにきゅん」「素直になれない頑張りハナさんがむちゃくちゃかわいい」「弱木くんの強(つよし)部分見れたの良かった」「お化け屋敷に行きたくなりました〜!」との声が上がっていた。

次回第5話は、5月8日に放送。「クールジャパン」企画の参考にと、弱木からアニメ映画に誘われた華。映画館から二人で出てくるところを見た天井は、社内に噂を広げてしまい……。

7月4日(日)よる10時30分スタート 日本テレビ系新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」。身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう⁉殺意と恋が入り混

ページトップへ
Twitter Facebook