“脳科学”を駆使する異色の弁護士・海堂梓(松下奈緒)

松下奈緒が主演を務める『月曜プレミア8 脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系)が4月12日に放送。インターネット上では、弁護士アシスタント兼カジノ店アルバイト・北条蓮の役柄を巧みに演じた黒羽麻璃央が話題となっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

このドラマは、現役の弁護士でありながら脳の記憶を研究する『特任准教授』・海堂梓に松下、海堂と共に事件の謎を解明する年上の新人部下・斎田誠役に佐藤隆太、その2人が所属する法律事務所所長兼カジノオーナー・鹿島憲太郎を奥田瑛二が演じる、人間の“記憶”をテーマにした新感覚ミステリー。

40代にして新人弁護士となった斎田誠(佐藤隆太)
40代にして新人弁護士となった斎田誠(佐藤隆太)

新人弁護士・斎田は、就職先の法律事務所に初出勤すると、早速、所長の鹿島から指示され、弁護士兼脳科学の研究を行う特任准教授・海堂の元を訪れた。

法律事務所所長・鹿島憲太郎(奥田瑛二)
法律事務所所長・鹿島憲太郎(奥田瑛二)

そして2人は、海堂のクライアントである芸人・ムラマツ(NON STYLE井上裕介)がセクハラ事件を起こしたホテルへ向かい、海堂は斎田とスーツ姿の男(黒羽)を使い、脳科学を駆使して目撃者の記憶の矛盾点をついた。そのやり方に納得いかない斎田だったが、海堂からは「裁判は勝った方が真実」と言われてしまう。

弁護士・海堂梓(松下奈緒)
弁護士・海堂梓(松下奈緒)

次の日鹿島から、夫・冬川忠司殺人の容疑で逮捕された沙也加(中山美穂)から弁護依頼があったと聞き、接見に向かった海堂と斎田。過去に2人の夫を不審死で亡くしている沙也加から「無罪にできる?」と不敵に笑われた海堂は沙也加の依頼を受けることにした。

“稀代の悪女”と称される冬川沙也加(中山美穂)
“稀代の悪女”と称される冬川沙也加(中山美穂)

夜、カジノ場に様変わりした事務所に戻った斎田は、鹿島からアルバイトの北条(黒羽)を紹介されると「ホテルで一緒だったスーツ姿の男だ!」と思い出した。それから斎田は、海堂が沙也加の弁護を引き受けた事を報告すると「勝てば儲けもん、負けても事務所の宣伝になる」と言う鹿島に呆れて事務所を後にした。

鹿島憲太郎(奥田瑛二)、北条蓮(黒羽麻璃央)
鹿島憲太郎(奥田瑛二)、北条蓮(黒羽麻璃央)

海堂が公判で、検察側の証拠を次々と脳科学で論破していくものの、沙也加を信用できない斎田はすっきりしない表情。すると次の公判で、有力な証拠を掴んだ海堂が無罪を主張すると、一転、沙也加は自分がやったと自供を始めた。

沙也加が何か隠していると感じた海堂は捜査を進めるうちに、忠司の娘・楓(新井美羽)から虐待を受けていることが分かった。楓を守るために忠司を殺害したのではという斎田の推理に、その通りと頷く沙也加だったが、海堂は真犯人が楓だと告げると、これまで冷静だった沙也加が突然取り乱しはじめ……。

ネット上では、テレビ東京のドラマで初主演を務めた松下について、「終始松下奈緒さんの眼力に釘付けだった」「これヤバい! 今期最高峰の当たりドラマかもしれん」「松下奈緒は凛としてる女性の役が似合う」「松下奈緒さん、ダークヒロイン風がよく似合ってる。厳しい顔でクスッと笑わせるのがお上手!」「ポップさとシリアスのバランスが絶妙。サクサク進む話のテンポもノンストレスで、ミステリーも面白かった!!」といったコメントが上がっていた。

また、2つの顔を持つ北条を演じた黒羽について、「冴えない感じの助手役からクールなバーテンダーと2役見られて眼福」「メガネ麻璃央くん尊い、ほんとイケメン!」「とりあえずスーツ眼鏡の後の黒シャツ最高」「バーテンメガネ麻璃央くんかっこいい〜」「バーテン、黒シャツ、スーツに眼鏡。全アイテムが私を殺しにかかって来ている」と話題になっていた。

次回4月19日の月曜プレミア8は、「世界!ニッポン行きたい人応援団」が放送される。

以前に比べれば"ソロ活"の認知度も高まり、ひとりで行動することの障害はなくなってきているようだが、どうしても越えられないのが「2名様より承ります」の壁。高級料理のフルコースは"2名様"より承ることが多い。なぜ1名様ではいけないのだろうか? 1名分の料理を作るのは、非効率的で、お店が損をするのだろうか!? 【配信終了:5月7日(金)】動画はこちら江口のりこ主演、ドラマ25「ソロ活女子のススメ」(毎週金曜深夜0時52分放送/テレビ東京ほか)。主人公・五月女恵は、ひとりで好きな場所に行き、ひとりで好き

ページトップへ
Twitter Facebook