本仮屋ユイカ、白洲迅

テレビ東京が土曜23時25分に創設した新ドラマ枠「サタドラ」第一弾作品『私の夫は冷凍庫に眠っている』(4月10日よりスタート テレビ東京系、毎週土曜23:25~)の合同取材会がこのほど行われ、主演を務める本仮屋ユイカと、夫役の白洲迅が出席。過激なタイトル同様、驚愕のサスペンスドラマの見どころなどを語り合った。

『私の夫は冷凍庫に眠っている』は、人気小説投稿サイト「エブリスタ」で大きな反響があったラブサスペンスを実写ドラマ化。郊外で暮らす女性・夏奈(本仮屋)は、夫である亮(白洲)と穏やかな結婚生活を送っていたが、ある日突然、亮は豹変し、夏奈に暴力を振るうようになる。我慢していた夏奈だったが、亮の蛮行に耐え切れず殺害し、その死体を冷凍庫に隠したが、翌日殺したはずの亮が、夏奈の目の前に現れる……という物語だ。

本仮屋ユイカ、白洲迅
本仮屋ユイカ、白洲迅

夫を衝動的に殺害してしまう妻を演じる本仮屋。これまで明るく柔和な役柄が多かっただけに、パブリックイメージとのギャップに驚きを覚えた人も多いかと思われるが、本仮屋自身も「いままでとはまったく違うイメージの役柄だったので、夏奈というサイコな女性を私自身に根づくことができるように、気づいたことをメモしまくっていました」と新たな役柄にしっかり向き合う覚悟で臨んだ撮影だったことを明かす。

本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ

作風から現場は張り詰めた緊張感に包まれていたというが、だからこそ本仮屋は「撮影が終わったあとはソーシャルディスタンスを取りつつ、白洲さんと一緒にお弁当を食べたりして『いい芝居したよね』ってお互い褒め合って、関係性を濃くしていきました」とエピソードを披露。白洲も「いい緊張感のなか、出演者やスタッフ、監督とすごく良いものが作れたと思っています」と胸を張る。

白洲迅
白洲迅

二人は本作で初共演を果たしたが、本仮屋は「白洲さんはクールでできる男のイメージでした」と撮影前の印象を述べると「実際、ご一緒してクールで穏やかな部分はその通りだったのですが、一言でいうと『良い奴だな』って思いました。すごくハートが熱いんです」と笑う。さらに本仮屋は「想像していた以上にお芝居が好きな人だなと思いました。こちらがなにを投げてもしっかり受け取って返してくれる。そういう人と一緒にお芝居ができてすごく嬉しかったです」と称賛する。

一方の白洲は、本仮屋に対して「清純派」という印象を持っていたと言うと「すごくピュアで可愛らしい方なのはイメージ通りだったのですが、元気で明るいのには驚きました。先ほど僕が芝居好きと話していましたが、ユイカちゃんの方こそ、すごくお芝居が好きな人だなと感じました。誠実に真正面から向き合ってくれるので、とても充実した時間を過ごせました」と笑顔を見せる。

そんな相性抜群な二人。本仮屋は「白洲迅さんの凍っている姿はおすすめです」と題名のワクワク感が存分に楽しめると期待をあおると、白洲は「夏奈や亮の表情にはいろいろな感情が含まれています。一度目と二度目ではまた違った気づきがある作品なので、そういう楽しみ方をしてもらえたら嬉しいです」と見どころをアピールした。
(文・磯部正和 )

<第1話あらすじ>
輸入家具や雑貨を取り扱うネットショップで生計を立てながら、郊外の一軒家でひっそりと暮らしていた如月夏奈(本仮屋)は、数か月前に偶然知り合い婚約した佐藤亮(白洲)と一緒に暮らすことに。

佐藤亮(白洲迅)と暮らす如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、ある日彼を…
佐藤亮(白洲迅)と暮らす如月夏奈(本仮屋ユイカ)は、ある日彼を…

だが幸せな時間も束の間、亮が豹変し、暴力を振るうようになってしまう。情事のあと、ほろ酔い状態の亮を絞殺する。その死体を物置の古い冷凍庫に隠し、自由な生活が始まるはずだったのだが――。

この記事のライター

磯部正和

雑誌の編集、スポーツ紙を経て映画ライターに。基本的に洋画が好きだが、仕事の関係で、近年は邦画を中心に鑑賞。本当は音楽が一番好き。不世出のギタリスト、ランディ・ローズとの出会いがこの仕事に就いたきっかけ。

テレビ東京では、毎週⽔曜深夜0時30分からのドラマParavi枠で「つまり好きって⾔いたいんだけど、」を放送中です。また、このドラマは動画配信サービス「Paravi」で毎週⽔曜夜9時より毎話独占先⾏配信中です。「はぴまり〜Happy Marriage!?〜」「恋はつづくよどこまでも」に並ぶ、売上部数60万部を突破した円城寺マキ著のヒット作「つまり好きって⾔いたいんだけど、」(⼩学館 プチコミックフラワーコミックス α刊)を⼤原櫻⼦主演で初ドラマ化!「嘘が⼤嫌い」な主⼈公・千歳(⼤原櫻⼦)が、突如

ページトップへ
Twitter Facebook