鈴木亜美が蒙古タンメン中本・店員役で登場

鈴木亜美白根誠が、桐山照史ジャニーズWEST)主演ドラマ『ゲキカラドウ』(テレビ東京系、毎週水曜24:12~)の最終話(3月24日放送)に出演する。鈴木は、蒙古タンメン中本・店員役で、白根は店長役で登場する。

鈴木亜美、白根誠
鈴木亜美、白根誠

本作は、視覚でも聴覚でも堪能できる、マニア性・中毒性の高い、究極のグルメドラマ。大阪本社から期待を胸に東京支社の営業促進室へ異動した主人公・猿川健太(桐山)が、そこで出会う激辛料理をこよなく愛する変わり者たちとの日々の中で、「激辛料理」と格闘しながら成長していく姿が描かれていく。

前回の第11話で、猿川(桐山)らは、室長の谷岡和彦(平田満)からホームパーティに招待される。妻の一美(有森也実)は、特製の激辛もつ鍋でおもてなしをうけ……。また、エンディングで猿川と後輩・篠宮亮介(7 MEN 侍中村嶺亜)の可愛い料理シーンについて、インターネット上では、 「可愛すぎてしんどい」「社会人というよりは放課後の高校生」といった声が上がっていた。

<最終話 あらすじ>
飲料メーカー「ロンロン」の東京支社・営業促進室に異動してきた猿川(桐山)は「JAL」への商品プレゼンを任される。室長の谷岡(平田)はいつになく厳しく、手伝おうとする大河内友麻(泉里香)たちを「彼1人に任せなさい」と突き放す。いつもなら協力し合えと言うはずの谷岡の態度に驚く一同……。実は猿川には大阪本社に戻るよう辞令が出ていた。はたして猿川は東京での最後のプレゼンを成功させることができるのか。

大河内友麻(泉里香)
大河内友麻(泉里香)

送別会は激辛界の総本山・蒙古タンメン中本!伝統の蒙古タンメンに汗と涙が止まらない!? 北極を超える「ヒヤミ」とは?

7月4日(日)よる10時30分スタート 日本テレビ系新日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」。身体能力100点・ルックス100点、でも、殺しの才能0点。最高に“間が悪い”殺し屋が、標的(ターゲット)を殺すどころか恋しちゃう⁉殺意と恋が入り混

ページトップへ
Twitter Facebook