神田(草刈正雄)、日比野(平山浩行)

草刈正雄が主演のドラマParavi『おじさまと猫』(テレビ東京系、毎週水曜24:58~)の第8話が2月24日に放送された。インターネット上ではすっかり猫にハマってしまったおじさまたちのリアクションについて、多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、桜井海による同名コミックを実写ドラマ化。妻に先立たれて以来、孤独な日々を過ごす世界的ピアニスト・神田冬樹(草刈)が、たまたま通りかかったペットショップで出会ったエキゾチックショートヘアのオス猫に一目惚れ。ふくまる(声:神木隆之介)と名付け、共同生活を送る姿を描く。

ふくまる(声:神木隆之介)
ふくまる(声:神木隆之介)

母親(朝加真由美)から猫の飼育を押し付けられたピアニスト日比野奏(平山浩行)。日比野は、「神様の最高傑作」と崇めていた神田(草刈)が、まさか自分の家に手伝いに来たうえ、かごから出てしまった猫を探しているという状況が信じられずにいる。猫を見つけて、「ふくまるにそっくり!」と喜んでいる神田に、その猫を押し付けてしまおうか、と頭をよぎったものの、「預かると決めた時から家族だったんだ」と、改めて自分がすでにこの猫に愛情を抱いていることを感じた。

マリン(声:松本穂香)
マリン(声:松本穂香)

なかなか表に出てこない猫に、神田から「名前を呼んだら出てくるかも」と言われるが、日比野は母親から猫の名前を聞いておらず……。「新しい名前を付けてあげたら?」という神田の提案もあったが「呼ばれ慣れている名前の方がこの猫にとってはいい事だろう」と考えた日比野は、折り合いの悪い母に確認し、隠れている猫に「マリン」と呼びかけた。すると、怯えていたマリン(声:松本穂香)は恐る恐る日比野に近寄ってきた。そして抱きあげられて、優しく撫でられると「ここにいてもいいの?」と安心して身をゆだねた。また、「やっぱりマリンとふくまるは似ている」と感じた神田は、来週迎える、ふくまるの1歳の誕生日に日比野とマリンを自宅に招待した。

ふくまるの誕生日、マリンを見たふくまるは「お姉ちゃん!」と一目散に近寄り、久々の再会を喜ぶと、2匹はじゃれ合ってお互いの幸せを報告し合った。一方神田と日比野もそれぞれ両脇にふくまる&マリンを抱え頬ずりしながら「もふもふだ~!!」と幸せを分かち合った。

ふくまる(声:神木隆之介)、神田(草刈正雄)、マリン(声:松本穂香)
ふくまる(声:神木隆之介)、神田(草刈正雄)、マリン(声:松本穂香)

ネット上では、おじさまたちの猫に対するハマりっぷりが話題に。「モフモフ正雄最高やろ」「おじさまと猫、ふくまるが可愛い! で見てたはずなのに草刈さんが可愛いw」「おじさま達も萌え要素多すぎて尊い……」「幸せゴロゴロ! 好き過ぎてあと100回は再生出来る」「日比野さんの『マリンの方が可愛くないか?』に爆笑w」と言ったコメントで溢れていた。

次回第9話は、3月3日に放送。神田は、日比野のリサイタルで倒れてしまったトラウマから、音楽教室の生徒の発表会では、生徒の役に立てないと、退職届を出すことを決意するが……。

ページトップへ
Twitter Facebook