藤田俊哉

元サッカー日本代表で、現在は日本サッカー協会の欧州駐在強化部員を務める藤田俊哉が、2月6日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。知られざる欧州駐在強化部員の活動を紐解いていく。

ジュビロ磐田ではJリーグの年間王者に3度輝き、ACLの前身となるアジアクラブ選手権も制覇。Jリーグ最優秀選手賞、Jリーグベストイレブンに3回選出されるなど輝かしい成績を残してきた藤田。引退後、JFAのS級コーチライセンスを取得し、2014年、当時オランダ2部だったVVVフェンロでコーチとして指導者のキャリアをスタートさせ、クラブのリーグ優勝と1部昇格に貢献。2017年には、当時イングランド2部だったリーズ・ユナイテッドで強化スタッフとしてフロント入り。そして、2018年にJFAに新設されたポスト「欧州駐在強化部員」に就任した。

昨年、10月と11月に行われた日本代表のヨーロッパ遠征では、新型コロナ禍の影響があったとはいえ、史上初めてメンバー全員がヨーロッパで活躍する選手で構成された。実は、藤田ら欧州駐在強化部員がヨーロッパ各地のクラブに足を運ぶなど、様々な努力を積み重ねたことで実現したことはあまり知られていない。

藤田は、欧州クラブと何を話し、視察の中でどのような点に注目しているのか? 選手たちとどのようなコミュニケーションをおこなっているのか? 実際のエピソードと共に、その活動内容に迫っていく。

また、7年のヨーロッパ生活の中で感じた日本と欧州の違い、改善点、希望に言及。また欧州駐在強化部員のパイオニアとしての思いを披露。ピッチの外から日本サッカーの躍進を支える藤田の言葉に注目だ。

高さ数10メートルあるビルの屋上。落ちてしまえば命を落とす危険もある場所を、ひとっ跳び! そんなド迫力映像で話題を呼んでいるのが、フランス発祥のアーバンスポーツ「パルクール」だ。 走る、跳ぶ、登る。日常の環境を活かし、身

ページトップへ
Twitter Facebook