左から)やついいちろう、竹原ピストル、平埜生成

杉野遥亮が主演を務める『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)の第4話が1月29日に放送される。

本作は、4人の「小学三年生」が、クスッとさせつつも少しブラック味のあるヒューマンコメディドラマ。主演を務める杉野は純粋で真っ直ぐな小学三年生・直ちゃんを演じ、直ちゃんの仲間である金持ちで頭のいい少年・きんべ役を渡邊圭祐、貧乏でガサツな少年・てつちん役を前原滉、そして心優しい泣き虫な少年・山ちょ役を竹原ピストルが演じる。

左から)渡邊圭祐、前原滉、やついいちろう
左から)渡邊圭祐、前原滉、やついいちろう

第3話では、堀田茜演じるクラスの女子・鎌田と杉野演じる直ちゃんたちのささいないざこざをきっかけに、男子と女子のジェンダーをめぐる物語が展開。インターネット上では「三年生に世界の矛盾を代弁してもらった気分」「ジェンダー教育の教材にしてほしい」との声が上がっていた。

<第4話 あらすじ>
秘密基地で遊ぶ直ちゃん(杉野)、きんべ(渡邊)、てつちん(前原)。そこに、てつちんの兄・はずちん(岡山天音)がきて、“面白い遊び”を教えてやると3人を外へ連れ出す。しかし、いつも“面白くない遊び”ばかり強要するはずちんに直ちゃんは激怒する。

左から)岡山天音、前原滉、杉野遥亮、渡邊圭祐
左から)岡山天音、前原滉、杉野遥亮、渡邊圭祐

一方では、いじめっ子タケモン(平埜生成)の苗字が変わり、それに便乗したジュンヤ(やついいちろう)の悪事に気づいた山ちょ(竹原)が奔走していた――。

左から)前原滉、渡邊圭祐、竹原ピストル
左から)前原滉、渡邊圭祐、竹原ピストル

4月12日(月)の「月曜プレミア8」枠は、松下奈緒主演の新シリーズ『脳科学弁護士 海堂梓 ダウト』(テレビ東京系、20:00~)が放送される。松下は、“脳科学”を駆使する異色の弁護士・海堂梓を演じる。

ページトップへ
Twitter Facebook