黒沢優一(町田啓太)、安達清(赤楚衛二)

赤楚衛二町田啓太が出演するドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京ほか、毎週木曜25:00~)の第9話が12月3日に放送される。

本作は、通称「チェリまほ」として親しまれている豊田悠の同名コミックが原作。「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」というまことしやかに囁かれている都市伝説が、現実となってしまい、「触れた人の心が読める」という能力を手に入れた主人公・安達清(赤楚)は、この力を持て余していた。ところがある日、仕事の出来る同期のイケメン・黒沢優一(町田)の心を読んだことで、自分への恋心を知ってしまうところから物語が動き出す。

黒沢優一(町田啓太)、安達清(赤楚衛二)
黒沢優一(町田啓太)、安達清(赤楚衛二)

前回の第8話では、交際スタートした安達(赤楚)と黒沢(町田)の初デート当日、突然親友で小説家の柘植将人(浅香航大)がやってきて……。

第9話では、安達と黒沢が付き合い始めて9日。一緒にご飯を食べたり、リベンジデートの約束をしたりと2人は幸せな日々を送っていた。

黒沢優一(町田啓太)
黒沢優一(町田啓太)

その頃、綿矢湊(ゆうたろう)と圭太(岩本晟夢)のキスを目撃してしまった柘植は、湊を避けてしまっていた。

そんな時、安達から呼び出しを受け、待ち合わせ場所に行くと、六角祐太(草川拓弥超特急)からいきなり胸倉を掴まれ!? 柘植はある決心をして湊の元へ向かう!

左から)柘植将人(浅香航大)、安達清(赤楚衛二)、六角祐太(草川拓弥/超特急)、黒沢優一(町田啓太)
左から)柘植将人(浅香航大)、安達清(赤楚衛二)、六角祐太(草川拓弥/超特急)、黒沢優一(町田啓太)

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演を務めるドラマ『彼女はキレイだった』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)。劇中の“胸キュン”シーンを集めた特別動画と、第1話から第3話までの各話を10分にまとめたダイジェスト動画が、カンテレドーガとTVerにて無料配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook