声優の櫻井孝宏佐倉綾音が10月23日にスタートした『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪感話』(BSテレ東、毎週金曜24:00~)に出演。声優人生で分岐点となった作品について語る一幕があった。

Mr.都市伝説 関暁夫がMCを務める同番組。巷でささやかれる都市伝説、人智を超えた超常現象、人間の悪意と狂気……様々なゾクッとする話を人気声優が朗読劇で届ける。

『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)でナレーションを務めている櫻井は、関に「やっとお会いできました」「(ナレーションで)ずっと追っかけてきた」とコメント。何度も関が出演するVTRを確認するため「何が映っているんだろうとか、関さんの指の動きが怪しいとか、そういう状態で来ちゃっているので、(今回の収録も)ジーッと見ちゃうかもしれないです」と語る。一方、櫻井と共演をしたことがあるのか訊ねられた佐倉は「べらぼうに」と独特の表現で返答。「親戚とか血縁の役をやることが多くて。(櫻井と佐倉)名前が似ているからなのか……お兄ちゃんだったことも、お父さんだったことも、許嫁だったこともあります」と振り返った。

そんな中、関から「自分で“当てたな”と思う作品はなんですか?」と質問されると、苦笑いを浮かべつつ櫻井は「人から言われるのはアニメ『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(主人公・島村ジョー役)。自分の中でも分岐点になった作品だと思います」と語る。一方、佐倉はアニメ映画『蛍火の杜へ』の竹川蛍役を演じたことだと言い「1時間の間に、10歳から18歳を演じなければいけなくて、自分の中で大きな壁だったので、そこを乗り越えたことで、お芝居の楽しさに気づきました」と明かした。

そんな彼らが演じた怪感話は、モデル仲間が体験する「エレベーターに乗ってしまった者」。恐怖を感じる二人の演技に関は「実力がありすぎましたね」「想像を超えちゃって」と絶賛した。ほか、櫻井と佐倉が体験した怪談話も語られた。

インターネット上では、フリートークから二人の迫真の演技まで、たっぷりと魅力を感じられる構成に「大好きな関さんと綾音ちゃんを同時に見れてることが理解できてなくてずっと? なんだけど……」「お二人ともお芝居がすごくてゾクッとさせられました」「佐倉さんの朗読初めて見たけど、こんなに表情豊かにやるんですね 惹き付けられる、面白い」「怖い話嫌いなのに櫻井さんにつられて見てしまっている」といった声があった。

次回も引き続き、櫻井と佐倉の朗読劇が行われる。

11月24日(火)日本テレビほかで放送の「バゲット」では、紅茶を特集。運動不足での冬太りや、空気の乾燥による肌荒れ、そして、流行が心配されるインフルエンザ。そんな中注目すべきが紅茶。「最新の研究で、紅茶に含まれるポリフェノールには、ダイエットに役立つ効果がある

ページトップへ
Twitter Facebook