元陸上選手で読書家としても知られる為末大が、9月26日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。読書がアスリートに与える影響について語り合う。

少年時代から3000冊以上の本を読み、“走る哲学者”とも呼ばれた為末。学生時代は読書部に在籍し、今でも年間100冊は読むという根っからの読書好き。近年はV・ファーレン長崎のフィジカルアドバイザー(2017~2019年)やJリーグ理事としてサッカー界にも活躍の場を広げている。

今回番組では、読書好きなJリーガーが好きな本を調査。名古屋グランパスの中谷進之介長谷川アーリアジャスール、ヴィッセル神戸の西大伍、鹿島アントラーズの町田浩樹、浦和レッズの武藤雄樹、FC東京の林彰洋、横浜FCの六反勇治、湘南ベルマーレの梅崎司が登場し、それぞれの好きな本とその理由を語っていく。

そして、為末が読書によってアスリートにどのような効果があるかを分析。さらに、ポジションごとの読書の傾向について番組アナリストの福田正博も持論を展開。以前番組で特集した岡田武史の「岡田メソッド」も例に挙げながら、読書の持つ効果を探っていく。

プロアスリートが引退後、指導者や解説者などとしてセカンドキャリアをスタートさせられるのはごく一部。引退後の生活に不安を抱えている者は少なくない。10月24日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)では、株式会社Maenomeryの星野崇史代表取締役社長と山本弘明取締役をゲストに招き、アスリートたちの新たな活動方法“デュアルキャリア”を特集した。

ページトップへ
Twitter Facebook