オークション会場へ足を運ぶ奥様たち

宇崎竜童が、土曜ドラマ9『執事 西園寺の名推理』(BSテレ東/BSテレ東4K、毎週土曜21:00~)の第5話(7月11日放送)に、画家・東郷広明役でゲスト出演する。

2018年4月クールにテレビ東京にてオンエアされた本作は、上川隆也演じるパーフェクトな執事・西園寺が、次々に起こる難事件を解決していく痛快なオリジナルミステリー・エンターテインメント。執事・西園寺(上川)と伊集院家の当主・百合子のエレガントなやりとりも人気の秘訣だ。この、「守ってあげたい」オーラいっぱいの貴婦人・百合子は、2019年10月に亡くなった八千草薫さんが演じている。

西園寺は、当家の主人が亡くなる前からここに仕えており、奥様と深くて厚い信頼関係で結びついている。奥様の為なら、文字通りたとえ火の中、水の中、すべてを賭して尽くす男。第5話では、オークション直後に亡くなった有名画家の死の真相に迫る。

<第5話>
西園寺(上川)は百合子(八千草)とオークション会場に出かけた。百合子が亡き夫・光弥(里見浩太朗)の所有する絵画を出品したのだ。東郷(宇崎)という西洋画の大家が書いた絵で、無事落札された。しかし、オークション後、会場の裏手で東郷の遺体が発見される。建物から転落したとみられ、屋上から遺書も見つかった。自殺の可能性が高まる中、西園寺は遺書に疑問を感じて……。

ページトップへ
Twitter Facebook