元サッカー日本代表で日本サッカー殿堂入りしている加藤久が、3月7日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。復興や防災をテーマに、サッカーが世の中のためにできることを考えていく。

この夏、開催される東京オリンピック・パラリンピックは、東日本大震災からの復興を世界にアピールする場としても位置付けられ、復興五輪とも呼ばれている。また、震災直後となる2011年4月2日に初回放送を迎えた同番組は、これまでに日本が蘇っていく姿を取り上げてきた。そこで今回、加藤と共に考えていくのが「防災×サッカー」。

日本代表などで名ディフェンダーとして活躍した加藤。実家は宮城県にあり、東日本大震災後には、いち早く被災地に駆けつけボランティアに奔走した。その後はJFA復興支援特任コーチに就任し、被災地にグラウンドを作るなど様々な支援に取り組んできた。そんな加藤が見てきたスポーツ界の復興支援について語っていく。

そして、Jリーグクラブが取り組む様々な復興支援の取り組みを紹介。さらにブレインスカウター・サトミキこと佐藤美希が、防災士とプロサッカー選手がコラボレーションした新スタイルの防災訓練に参加。普通とは一味違った、小学生たちが笑顔で楽しむ防災訓練のヒミツに迫っていく。

テレビ朝日が“withコロナ時代”に全社を挙げて取り組む初の試み『未来をここからプロジェクト』。 日曜あさの情報番組『サンデーLIVE!!』内で放送中の『TOKYO応援宣言』では、「未来は褒めることから」と題し、褒められ

ページトップへ
Twitter Facebook