滝沢カレンが2月19日に放送された『ソクラテスのため息〜滝沢カレンのわかるまで教えてください〜』(テレビ東京系、毎週水曜22:00~)に出演。皇室のあれこれについて学んだ。

「滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解できる!」というコンセプトのもと、経済情報や話題のニュースなど、いまさら聞けない疑問や分かっていないことを、ソクラテス軍団から学ぶ新感覚のお勉強バラエティ。レギュラー出演者は、滝沢、おぎやはぎ小木博明矢作兼)、村尾信尚の4人、ゲストに、坂下千里子吉村崇平成ノブシコブシ)、専門家(ソクラテス軍団)として、山下晋司さん、近重幸哉さん、つげのり子さんらが登場した。

番組冒頭、村尾より2月23日が何の日であるか訊ねられたカレン。「誰かの誕生日ですか?」と頭を悩ませていると、すぐに天皇陛下の誕生日であると教えられた。カレンは手をたたき「おー! おめでとうございます」と軽い雰囲気でお祝い。出演者からツッコミが相次ぐ。さらに村尾から、今の天皇陛下は何代目であるかクイズを出された際には「……1億人くらい?」ととんでもない数字を出してスタジオを笑わせた。

番組では、皇室の知られざるエピソードが、ソクラテス軍団の口から語られる。天皇陛下のお人柄については、元宮内庁報道室の山下さんが「外国ご訪問の時にご一緒させていただいた。非常に優しく気遣いの方」と回顧する。「事務室にいると、天皇陛下(当時の皇太子殿下)が入られて『飲みますか?』とサシ飲みをした」と言い、現場を離れる自分を気遣って声をかけてくれたのだと話した。そんな天皇陛下は、公の場でも職員に対しても口調は一緒。海外でマレーシアの元首相にツーショットを頼まれた際には、快く応じていたと紹介された。

そのほか、皇室でペットを飼われているのか、毎日どんなことをされているのかなどを学んだカレン。最後に村尾から陛下の仕事として「公的行為」「その他の行為」もう1つは? とのクイズが出題されると、収録中にしっかりメモしていたカレンは「ありがとうございます」と大喜び。「国事行為!」と正解を出して称賛を受けていた。

ページトップへ
Twitter Facebook