門脇麦

門脇麦が、2月21日に放送される古舘寛治滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第7話に出演。ごみ屋敷に暮らす神野あかり役を演じる。

同ドラマの企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。

物語は、真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤)という無職の兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディだ。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっている。

<第7話あらすじ>
「レンタルおやじ」をやっている兄弟、一路(古舘)と二路(滝藤)のもとに、新たな依頼「音信不通の女性の安否確認」が舞い込んできた。ところが、兄弟が家を訪ねるも一向に返事がない。動く電気メーター、ポストに大量の郵便物……孤独死が一路の脳裏をよぎるが、開いていた扉を開けるとそこは足の踏み場もないごみ屋敷だった!

ますます孤独死の恐れが高まる中、怖々ごみ屋敷を進み兄弟が見つけたのは“女の手”!? ごみに埋もれていたあかり(門脇)は何やら面倒くさい病の女で……。

全世界での総発行部数が800万部を超える夢枕獏原作の大ヒット小説『陰陽師』。シリーズ最強の敵・平将門が登場する長編作品『瀧夜叉姫』が初めて映像化、本日3月29日(日)に放送される。 陰陽師・安倍晴明を演じるのは、佐々木蔵

ページトップへ
Twitter Facebook