『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)で注目を集めた若手俳優・望月歩が、1月24日に放送される古舘寛治滝藤賢一がダブル主演を務めるドラマ24『コタキ兄弟と四苦八苦』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第3話にゲスト出演する。

今回の企画は、古舘と滝藤が「自分たちがW主演のドラマを立ち上げよう!」と意気投合したところから始まり、3年近い月日を経てようやく日の目を見たプロジェクト。

物語は、真面目すぎてうまく生きられない兄(古舘)と、そんな兄をみて育ったせいか、ちゃらんぽらんにしか生きられなくなった弟(滝藤)という無職の兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めるところからスタート。依頼内容は、定年退職した夫の様子がおかしい、友達が孤独死しているのではないか、3か月後に世界が終わる……などひとクセある案件ばかり。生きるのが下手な兄弟が、「レンタルおやじ」を通して孤独な依頼人たちと関わり、様々な無茶ぶりに“四苦八苦”しながらも、どうにか生きていく人間賛歌コメディだ。タイトルにもある“四苦八苦”は、元は仏教用語で、人間である限り避けられない8つの苦しみをお釈迦様が教えた言葉。これらに4つの苦しみを新たに加えた、“12苦”がドラマの裏テーマとなっている。

<第3話あらすじ>
無職の兄弟、一路(古舘)と二路(滝藤)に、「レンタルおやじ」代表を務めるムラタ(宮藤官九郎)から新たなお仕事が。今回の依頼は、男子大学生からの恋愛相談だ。坂井君(望月)は、女性との初デートの場所に悩んでいた……。A案は「水族館」、B案は「耳をすませば」と、迷える若者のため張り切る兄弟のアドバイスだが、モテない兄とモテる弟で意見は真っ二つ。喫茶シャバダバの看板娘・さっちゃん(芳根京子)も巻き込む大騒動に?

白紙の状態からドラマ放送まで2ヵ月! 「企画と脚本を同時進行でやっていくためには、複数名の脚本家に書いてもらわなければならない!」 佐久間宣行プロデューサーの前代未聞の作戦により集められた土屋亮一、西条みつとし、根本宗子、冨坂友、福田卓也という新進気鋭の戯曲家・劇作家、放送作家はどんな苦労があったのか?「青春高校3年C組」(毎週月曜深夜0時12分放送)の生徒たちが出演する木ドラ25「あなた犯人じゃありません」(テレビ東京系・毎週毎週木曜深夜1時放送/BSテレ東では毎週火曜深夜0時放送)が、数々の

ページトップへ
Twitter Facebook