MAXLINAが、11月21日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。メンバー脱退の真相を明かした。

1995年に結成し「TORA TORA TORA」や「Give me a Shake」など、ヒット曲を連発したMAX。『NHK紅白歌合戦』にも出場し、これからという時に、メインボーカルのMINAが脱退する騒動が起きた。今回はメンバーを代表してLINAが、当時の真相や思いを語ることになった。

クリスマス・イブに会社から急に連絡があり、呼び出されたメンバー。「何かやらかした?」「何だろうね」と話をしつつ、集合場所まで行くと、その場にはMINAがおり、会社のスタッフから「(MINAが)妊娠して結婚することになった」と報告を受けたという。LINAらは、当時20代前半だったこともあり、どう対処していいか分からず、メンバー内、会社内で揉めてしまったという。子供ができるということは、ライブはできないし、入っていた仕事もキャンセルしなければならない。何より「何かあったら、まずはメンバーで話しあっていこう」と決めていたにも関わらず、スタッフからの妊娠報告に残念がった。「仲が良すぎて言い出せなかった」というMINAの気持ちも考えず「なぜ相談してくれなかったの?」と主張をぶつけるばかり。その後、笑顔で会見を開いたものの、じつは泥沼の脱退劇だったことが明かされた。

それ以降、MINAとは6~7年連絡を取らず、3人で活動することに。ソロでの活動も行ってきたが、半年以上オファーがなく、スケジュールが真っ白になってしまった。そんな頃、会社から「メンバーを増やしたい」との提案が。紆余曲折あり、新メンバーに、同じ事務所のAKIを迎えたものの、彼女も6年ほどで脱退してしまう。

MINAの子育てが落ち着き、彼女がダンススクールでダンスを教えているという情報が入った。リーダーのNANAから、MAXでやる気持ちはあるのか意志を確認。「みんなが受け入れてくれるなら」と言い、再び4人で活動することになったという。現在は、精力的にライブや新曲をリリースしているとのこと。

【配信終了:7月24日(金)】動画はこちらテレビ東京が誇る大食いスターたちが、さまざまなグルメを食べ尽くす「デカ盛りハンター」(毎週金曜夜6時55分より放送)。7月10日(金)の放送では、デカ盛りハンター最強コンビが、お店の売上に貢献すべく限界になるまで食べて食べて食べまくった。挑戦の舞台となったのは、全国に291店舗を展開する人気ファミリーレストラン「ジョナサン」。今回、ジョナサンを食べ尽くすために登場したのは、大食い現役最強王者・MAX鈴木と、「大食い2017」準優勝・らすかる新井の最強コン

ページトップへ
Twitter Facebook